クーポンプレゼント
ドキュメント
  • 導入事例
  • 株式会社e'motion

    ConoHa導入事例

    株式会社e'motion

    株式会社e'motion

    代表取締役社長 近藤 浩 氏

    今話題の「デザイン婚姻届」を提供する「婚姻届製作所」サービスを支えるのはConoHa!

    「スマ婚」「2次会くん」といったブライダル事業を手掛け、「結婚式にはお金がかかる」といった常識に新風を吹き込んだ、株式会社メイションのグループ会社である株式会社e’motion。”婚姻届”という、これからの人生を照らしていく1枚の紙にもっとふたりらしい思い出を残せたら…、という想いで誕生した「デザイン婚姻届」を提案するECサイト「婚姻届製作所」を運営している。
    現在では「デザイン出生届」を提案するECサイト「出生届製作所」も運営しております。同社ではECサイトの運営基盤としてConoHaを採用しており、その採用の決め手は料金体系とサポート体制、そして立ち上がりの速さでした。 今後は、「スマ婚」「2次会くん」などと、「婚姻届製作所」「出生届製作所」とのシナジー効果を高めようと考えている株式会社e’motionでConoHaがどのように活用されているのか、代表取締役社長の近藤浩氏と、開発担当者である高木昌彦氏にお話を伺いました。

    「スマ婚」を手がけたLMNホールディングスグループが新たな事業を展開

    e'motionの事業内容を教えてください。

    近藤 「婚姻届製作所」と「出生届製作所」というECサイトでオリジナルのデザイン婚姻届とデザイン出生届の製作と販売を行っています。最初は、私が代表を務めるLMNホールディングスの一事業部としてスタートしたのですが、事業が軌道に乗ったことで2015年8月には新たに別会社として立ち上げました。

    婚姻届や出生届は役所で規定されているものではないのですか?

    近藤 弊社で販売しているデザイン婚姻届は国で定められた「戸籍法」に則って製作しています。また、デザイン出生届についても法務省から正式に許諾をいただいており、全国の産婦人科で記入してもらえるものです。そのため、どちらの届けについても全国の役所で、正式に提出・受理してもらえます。

    「婚姻届製作所」は婚姻届の無料ダウンロード&販売サイト。

    「婚姻届製作所」は婚姻届の無料ダウンロード&販売サイト。おしゃれで可愛いデザイン婚姻届が300種以上提供されている。
    入籍日がより想い出になり、婚姻届を出すカップルが増えることを願いスタートした『婚姻届製作所』では、サービスリリースより2年でデザイン婚姻届利用枚数19万枚を突破している。

    どのような経緯で立ち上げたのでしょうか?

    株式会社e'motion 代表取締役社長 近藤 浩 氏

    株式会社e'motion 代表取締役社長 近藤 浩 氏

    近藤 LMNホールディングスに在籍する女性社員が入籍するときに言った「婚姻届がもっと可愛かったらいいのに!これって可愛くならないですかね?」という発言がきっかけでした。それと同時期に、結婚情報誌へピンクの婚姻届が付録として付いているのを見かけたのです。そこで考えたのは、「婚姻届の色が変えられるなら背景を変えてもいいんじゃない?」ということ。後日、役所に問い合わせたところ、やはり問題はありませんでした。そこで弁護士や国会議員の先生にも相談し、法務局の許可を得て事業をスタートさせました。

    当初はオリジナルデザインの婚姻届だけでしたが、版権ビジネスに長けている社員が入社してからはサンリオやミッフィー、リラックマ、ふなっしーなどのほか、アニメキャラやボーカロイドなど幅広いキャラクターがデザインされた婚姻届や出生届をラインナップできるようになりました。このような経緯から、弊社の事業には競合他社はほとんど存在していないのが特徴です。

    どのくらいの利用者がいますか?

    近藤 『先行してスタートしたデザイン婚姻届については、これまで弊社のものを使って15万組以上のカップルが利用しています。当初は届け先の役所でびっくりされたといった話も多くありましたが、最近ではそういう話も聞かないのでそれだけ利用者も増えているのだと思います。

    利用比率としては6:4で女性の購入者が多いのですが、プロポーズという軸も強化していきたいので男性にも広く購入して頂きたいと考えています。

    「婚姻届製作所」は婚姻届の無料ダウンロード&販売サイト。

    デザイン婚姻届には、無料でDLできる婚姻届や、オーダーメイドのオリジナル婚姻届などが多数用意されている。購入版は記念保存用の婚姻届も付いてくるので、一生の思い出になること間違いなしだ。さらに、今回ConoHa×婚姻届製作所のコラボが実現!今ならConoHaの応援団長「美雲このは」のデザイン婚姻届が購入できる。
    婚姻届製作所 https://konin-todoke.com/store/conoha

    ConoHaを始めとするGMOインターネットグループのサービスでビジネスが動く!

    婚姻届製作所としてConoHaはどのように活用されていますか?

    高木 今、弊社では主にサービスサイト用のサーバーと開発環境用のサーバーとしてConoHaを使っています。弊社のドメインには「お名前.com」を利用していますし、ログファイルはGMOクラウドのサーバーに置いています。また、婚姻届や出生届の決済システムにはGMOペイメントゲートウェイのサービスを利用しています。そのため、弊社のサービスはほとんどGMOインターネットグループで動いているといっても過言ではないですね。

    VPSとしてConoHaを選んだ理由は?

    高木 以前はレンタルサーバーを利用していたのですが、開発効率を上げトラフィックの増加にも対応する体制を構築するために、もう1つステップアップしてVPSを利用しようと考えたのです。そこでVPS選定の決め手となったのはConoHaの料金体系です。
    また、私は個人でもアプリケーションの開発をしているのですが、そこで使っていたのがConoHaでした。そのためConoHaのことは熟知していましたし、サポート体制の良さも実感していました。さらに、ConoHaなら社内メンバーに使い方を説明しやすいといったことも選択の決め手になりましたね。
    加えて立ち上がりの速さもConoHaを気に入った大きな要素になります。以前使っていた他社サービスではクレジットカード決済をしていても、新たに追加したサービスを使えるようになるのは数時間後でした。しかしConoHaなら決済してから数分程度で使えるのです。また、サービスを終わらせるときでも、すぐに削除することができます。このことはとても便利に感じましたね。

    ConoHa以外に比較検討したVPSはありましたか?

    高木 ほぼConoHa一択です。他社サービスも選択肢としてあるにはありましたが、初期費用が高額だったり最低利用期間が設定されていたりしたことでそれを選ぶことは現実的ではありませんでした。時間制課金で必要なときにすぐにサーバーを立ち上げることができ、必要がなくなったらすぐに終わらせることができるConoHa以外はほとんど考えられませんでしたね。

    ConoHaを使ってみて良かった点は?

    株式会社e'motion 開発担当 高木 昌彦 氏

    株式会社e'motion 開発担当 高木 昌彦 氏

    高木 ConoHaにしたことで、レンタルサーバーとしての制約から解放されました。具体的にいえばセキュリティ面の強化です。というのも、以前レンタルサーバーを使っていたときはFTPでサーバーへアクセスをしていたため、通信経路でパスワードが丸見えになっていました。しかもIP/制限がなくどこからでもアクセスできる状態でしたので、ネットカフェなどからでもアクセスできてしまったのです。そのときに、FTPのパスワードが漏えいしてしまったらすべてが終わってしまいます。その心配がなくなったのは本当に良かったと思います。

    また、設定を変えてサーバーを並列してみたいと考えたとき、他社サービスでは2つ契約しないといけません。しかしConoHaなら、1契約の中でインスタンスを立ち上げていけば、同じ構成で2つのサーバーができ、いらなくなったらすぐ終わらせることができます。これは大きなメリットだと感じました。
    さらに、以前からWordPressを自分でチューニングして運用していましたが、処理速度の向上がひとつの課題でした。 そこで、気になっていたWordPress(KUSANAGI)がConoHaのテンプレートイメージで提供されることに気が付き導入しました。テンプレートイメージを利用することで簡単に導入できたうえ、手動でチューニングしていた頃に比べ飛躍的に処理速度が向上して驚きましたね。

    パフォーマンスが向上したことで開発スピードが加速

    ConoHaを導入して現れた効果はなんでしょうか?

    高木 以前、レンタルサーバーを使っていたとき、弊社のサービスがLINEのニュースに掲載されて一時的にトラフィックが急激に増加し、サーバーがダウンしたことがあったのです。その後、ConoHaに変えてから同程度のトラフィックを記録したことがありましたがサーバーダウンしませんでした。レンタルサーバーだと他のユーザーの影響を受けてしまいますが、仮想化された専用サーバーであるConoHaであれば、ほぼ影響を受けないという証拠だと思います。
    また、パフォーマンスが飛躍的に向上したことで開発速度を上げることができました。ConoHaならroot権限を持てますし、好きなミドルウェアをインストールし好きな設定をしOSのチューニングもほとんどできますので、開発のためのカスタマイズの自由度が上がったのも導入効果の一つだと思います。

    今後、ConoHaに期待することは?

    高木 トラフィックが上昇したときに他のユーザーに引っ張られないようなプラン。あるいは、大きなトラフィックを必要としたときに太いトラフィックを用意していただくようなプランの検討をお願いしたいですね。今は帯域幅が共有で固定されているベストエフォートプランだけですが、帯域保証型プランができたとするとConoHaのさらなる強みになるはずです。

    婚姻届製作所のサーバー構成図

    婚姻届製作所のサーバー構成図。ロードバランサーで負荷分散を行い、トラフィックの増加に耐えられる構成となっている。ECサイトに必須である決済は、GMOペイメントゲートウェイ社の決済システムを採用している。

    「婚姻届製作所」「出生届製作所」と「スマ婚」とのシナジーを高めていきたい

    e'motionにおける今後の事業展望を教えてください。

    近藤 まずは婚姻届、出生届を提出する人に対するシェアを30%まで「婚姻届製作所」「出生届製作所」で取ることを目標にしています。 さらに、弊社が所属しているLMNホールディングスグループでは「スマ婚」「2次会くん」といった結婚式事業を手がけていますので、それらとのシナジーをより高めていきたいと思っています。今は「ナシ婚」といって結婚する人たちの半分以上は結婚式の披露宴をしません。それにはさまざまな理由があると思いますが、価値観が多様化する中で自分たちに合う披露宴が見つからない、といったこともあります。
    その点、婚姻届の提出というのは結婚における最上流になりますので、「婚姻届製作所」ユーザーに向けてさまざまな結婚式の披露宴や2次会の形を提案していきたいと考えています。
    また、入籍や出産を機にターゲットにリーチしていきたい企業はたくさんあると思いますので、そういった企業とタイアップしていくことも考えています。弊社でなにか購入すればタイアップ先の企業から何かがもらえるような仕組み、たとえば、「『出生届製作所』の出生届を利用して役所に提出すればオムツの試供品がもらえます」といったタイアップ方法なども考えられますので、今後はこのような取り組みも強めていきたいと思っています。

    ありがとうございました。

    株式会社e'motionのスタッフの皆様

    株式会社e'motionのスタッフの皆様

    今すぐお申し込み
    事例一覧へ