期間限定

Early Springキャンペーン キャンペーン
開催中!


72%OFF

詳しくはこちら

3/14(木)まで

概要

OpenStackのAPIを利用した自動化の仕組みは、構成管理ツールのAnsibleやChefなどを使って開発チーム内で共有することができます。そうすることで、新規で作成したサーバーへのセットアップや、既存のサーバーに対し差分をマージするなど、管理や運用をさらに効率化できます。OpenStackのAPIは、様々な製品やディスビューションがリリースされているので、それらとの連携をすることで、さらに効率的な運用ができます。

特長

  • サーバーの追加も
    スマートに完了

    例えば「サーバーを100台追加」といった作業の場合、コントロールパネルでは1台ずつサーバーを追加する必要があり手間がかかりますが、APIならば数行のコードを実行するだけでスマートに完了できます。

  • インフラ環境の操作も
    自動化

    プログラムからの操作も可能です。PythonやPHPなどのプログラムからAPIを実行することで、インフラ環境の操作を自動化させることができます。

  • OpenStackとの連携で
    より効率的に

    OpenStack APIはIaaSのAPIとして互換性が高く、OpenStack APIに対応した様々なアプリケーションをConoHaで利用でき、OpenStackで構築したオンプレミスとConoHaとの連携も可能です。