ConoHa API Documantation

自動実行作成 - Mail API v1.0

Description
メール着信時に指定のURLがメールサーバからGETされます。

メール送信時に、メールクライアントにてメールヘッダ「X-Webhook-Keyword:[自動実行キーワード]」を付与して
メール送信することで、指定のURLがメールサーバからGETされるようになります。

なお、メールヘッダの付与方法はメールクライアント毎に異なります。
ヘッダの付与方法が不明な場合はメールクライアントの開発元にお問い合わせください。

* 1メールアドレス1キーワード1URL

Request URL

Mail API v1.0

POST /v1/emails/(uuid:email_id)/webhook
Parameter Value Style Type Description
X-Auth-Token - header string Userトークン
email_id - URI UUID メールID
webhook_url - plain URL 自動実行URL
webhook_keyword - plain string 自動実行キーワード

Response Paramters

Parameter Value Style Type Description
webhook - plain dict -
webhook_url - plain URL 自動実行URL
webhook_keyword - plain string 自動実行キーワード

Request Json

{
    "webhook_url":"http://www.example.com/foo.php?action=doing",
    "webhook_keyword":"keyword"
}

Normal response codes

200 - Success

Error response codes

401 - Access Denied
404 - Not Found
409 - Duplicate

Repeatable

No

Example
※エンドポイントURLにつきましては、お客様環境によって異なりますので、コントロールパネルにてご確認の上ご利用ください。

  • REQ
curl -i -X POST \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: 39be9f8d53044388b7f2e867eba8b140" \
-d
'{
    "webhook_url":"http://www.example.com/foo.php?action=doing",
    "webhook_keyword":"keyword"
}' \
https://mail-hosting.tyo1.conoha.io/v1/emails/19c0ce1d-3839-4684-b080-692613bc6917/webhook
  • RES
HTTP/1.1 200 Success
Date: Tue, 09 Dec 2014 01:46:58 GMT
Server: Apache
Content-Length: 1003
Content-Type: application/json
{
    "webhook": {
        "webhook_url": "http://webhook.example.com/asdf.asp",
        "webhook_keyword": "keyword"
    }
}