ConoHa API Documantation

object versioning - ObjectStorage API v1

Description

オブジェクトのバージョン管理を実施する場合に、使用します。
バージョニング対象のコンテナに同名のファイルをアップロードした際に、
自動的に古いオブジェクトがバージョニング先のコンテナにtimestamp付きで保存されます。

最新のオブジェクトを削除した場合、一世代古いファイルがバージョニング対象のコンテナに復元されます。

Request URL

Swift API v1.0

PUT /v1/nc_​{account}​/​{container}​

Request Parameters

Parameter Value Style Description
X-Auth-Token Userトークン header
account tenant ID URI
container コンテナ名 URI
X-Versions-Location (Optional) string header
X-Remove-Versions-Location (Optional) string header

Request Json

This operation does not accept a request body.

Normal response code

202

Example

※エンドポイントURLにつきましては、お客様環境によって異なりますので、コントロールパネルにてご確認の上ご利用ください。

  • REQ
curl -i -X PUT \
-H "Accept: application/json" \
-H "X-Auth-Token: 2c6f2de2126a4102b38368c32e7043db" \
-H "X-Versions-Location: container2" \
https://object-storage.tyo1.conoha.io/v1/nc_cc54f7476b8e444bad238a943a94ccdf/container
  • RES
HTTP/1.1 202 Accepted
Content-Length: 76
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx45d792522d20468cbceb9-00554c1851
Date: Fri, 08 May 2015 01:58:42 GMT

<html><h1>Accepted</h1><p>The request is accepted for processing.</p></html>