サーバー自動バックアップ60日間無料!9月29日まで
ドキュメント
  • ご利用ガイド
  • DBサーバー接続用ネットワークを使う

    DBサーバー接続用ネットワークを使う

    DBサーバー接続用ネットワークを使う

    データベース接続用ネットワークは、VPSとDBサーバーを専用のプライベートネットワークで接続する機能です。DBサーバーはグローバルネットワーク側からアクセスすることもできますが、この機能を使用すると高速なプライベートネットワークを使ってデータベースを使用できます。この機能を使用するに当たって、VPSとDBサーバーをあらかじめ「サーバー追加」で作成しておいてください。また、VPSの電源はOFFにしておいてください。

    DBサーバー接続用ネットワークを作成する

    [1] メニューから「ネットワーク」を選択します。

    Step1

    [2] DBサーバー接続用ネットワークを作成するリージョンを選択します。

    Step2

    [3] リージョンを選択すると接続可能なVPSの一覧が表示されます。以下のアイコンをクリックして設定を開始します。

    Step3

    [4] 接続するVPSに対しプルダウンメニューから「接続する」を選択して、「保存」をクリックします。

    Step4

    [5] 接続状況が「接続する」に変わり、以下のようにIPアドレスが表示されます。このIPアドレスをVPSのネットワークインターフェイスに設定します。

    Step5

    ネットワークの設定情報を確認する

    次に、VPSからDBサーバーに接続するためのネットワーク情報を確認します。

    [1] 対象のVPSを起動します。

    Step6

    [2] VPSの詳細画面から「ネットワーク情報」をクリックします。するとネットワークの設定情報が表示されます。

    Step7

    [3] 「表示NIC」から「shared」となっているNICを選択します。これがDBサーバー接続用ネットワークにつながっているインターフェイスです。選択すると、IPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイの情報が表示されます。これらの情報は、サーバーのネットワークインターフェイスに設定する情報になります。

    Step8

    [4] 次にサーバー一覧からDBサーバーを選択します。

    Step9

    [5] データベースリストから接続先のデータベースをクリックします。すると詳細が表示されます。

    Step10

    [6] プライベートネットワークと表示されている部分が接続先ホスト名です。このホスト名はMySQLクライアントなどに渡します。

    Step11

    VPSの設定を行う

    以上の情報を元に、VPSからDBサーバーにアクセスできるようにネットワークの設定を行います。

    ** 以下はCentOS 6.6で東京リージョンの設定例です。ほかのOSなどでは若干設定が変わる場合があります **

    [1] サーバーのネットワークの設定は、コマンドラインで行います。コントロールパネルのコンソールを使うか、SSHなどでVPSにログインします。

    Step12

    [2] ネットワークインターフェイス(ここではeth1)の設定を行います。

    # cd /etc/sysconfig/network-scripts/
    				# vi ifcfg-eth1

    ifcfg-eth1の内容は以下のようにします。

     DEVICE=eth1
     TYPE=Ethernet
     ONBOOT=yes
     NM_CONTROLLED=yes
     BOOTPROTO=static
     IPADDR=172.21.***.***
     NETMASK=255.255.254.0

    [3] 次に、このネットワーク用の静的ルーティングを設定します。ルーティングはリージョン毎に異なっており、以下のネットワークアドレスを設定します。

    • 東京リージョン: 172.21.74.0/23
    • アメリカリージョン: 172.21.92.0/23
    • シンガポールリージョン: 172.21.110.0/23
     # vi route-eth1

    route-eth1の内容は以下のようになります。

     [リージョンのネットワークアドレス] via [eth1のゲートウェイのIPアドレス] dev eth1

    たとえば東京リージョンの場合で、ゲートウェイのIPアドレスが172.21.138.1の場合は、以下のようになります。

     172.21.74.0/23 via 172.21.138.1 dev eth1

    [4] 設定を反映するため、ネットワークサービスをリスタートします。

     service network restart

    [5] ネットワークが正しく設定されていることを確認するため、DBサーバーにpingを送信してみます。

     ping -c 3 private.***.tyo1.database-hosting.conoha.io

    接続を確認する

    以上で設定は完了です。mysqlコマンドなどで接続できることを確認してください。

     mysql -u [接続ユーザー名] -h private.***.tyo1.database-hosting.conoha.io -p [データベース名]
    今すぐお申し込み