ガイド

これは、2015年5月17日以前にアカウントを作成されたお客様向けの記事です。
それ以降にご登録のお客様は、コントロールパネル内のヘルプをご参照ください。

オブジェクトストレージ操作例:Cyberduck

クライアントソフトウェア Cyberduck によるオブジェクトストレージの操作方法をご案内します。
APIの詳細やその他ソフトウェアによる操作例については下記のリンクからご確認ください。

APIリファレンス
操作例:cURL - REST APIによる操作
操作例:Python-swiftclient - CLIクライアントソフトウェア

  • 1 Cyberduck を起動します

インストールが完了していない場合は こちら からお客様の環境へセットアップソフトウェアをダウンロードの上、インストールしてください。

Cyberduckを起動

  • 2 [ ブックマーク ] から【新規ブックマーク】をクリックします
[ ブックマーク ] から【新規ブックマーク】をクリック
  • 3 「Openstack Swift(keystone)」を選択し、API情報を入力のうえ、右上の【×】をクリックします

「Openstack Swift(keystone)」を選択し、API情報を入力のうえ、右上の【×】をクリック

入力するAPI情報は コントロールパネル で確認できます。 API情報の確認手順は こちら をご覧ください。

ニックネーム ブックマーク名です。任意に設定してください。
サーバ 「API Auth URL」を入力します。
Tenant ID:Access Key 「テナント名」と「ユーザー名」を「:(半角コロン)」で区切って入力します。
※Cyberduckの「Tenant ID」は、ConoHaの「テナント名」に相当します。
例)1234567:1234567
  • 4 追加された【ブックマークのアイコン】をダブルクリックします
【ブックマークのアイコン】をダブルクリック
  • 5 [ Secret Key ] にAPIユーザー作成時に設定したパスワードを入力し、【Login】をクリックします
APIユーザーのパスワードを入力し【Login】をクリック
  • 6 コンテナの一覧が表示されたらオブジェクトストレージへの接続完了です
オブジェクトストレージへの接続完了
  • 7 【アクション】をクリックしてコンテナ・オブジェクトの操作をします

【アクション】をクリックしてコンテナ・オブジェクトの操作

■コンテナの作成
最上位の階層で、【アクション】から[ フォルダ作成 ] をクリックしてください。

■コンテナ・オブジェクトのダウンロード
該当のコンテナ・オブジェクトを選択し、【アクション】から[ ダウンロード ] をクリックしてください。

■オブジェクトのアップロード
アップロード先のコンテナをダブルクリックし、【アクション】から[ アップロード ] をクリックしてください。

■コンテナ・オブジェクトの削除
該当のコンテナ・オブジェクトを選択し、【アクション】から[ 削除 ] をクリックしてください。