メールサーバー&DBサーバー30日間無料!
ドキュメントご利用ガイドDNS(GeoDNS)を使う

DNS(GeoDNS)を使う

DNS(GeoDNS)を使う

ConoHaでは無料で使えるDNS機能があります。ドメインをお持ちの方は自由にレコードを登録してお使いいただくことが可能です。扱えるDNSレコードの種類は、A, AAAA, CNAME, MX, NS, SRV, TXTです。またGeoDNS機能は通常のAレコードを置き換えるもので、アクセス元のIPアドレスに応じて一番近いリージョンのVPSやロードバランサーのIPアドレスを返します。

ドメインを追加する

[1] メニューからDNSを選択します。

Step1

[2] ドメインリストの右側にある「追加」をクリックします。

Step2

[3] ドメイン名を入力して「保存」をクリックします。

Step3

[4] ドメインが追加されました。

Step4

DNSレコードを追加/変更する

[1] ドメイン名の部分をクリックするとDNSレコード一覧が表示されます。

Step5

[2] 下記のアイコンをクリックするとDNSレコードを編集することができます。

Step6

[3] DNSレコードを編集してください。+アイコンをクリックするとレコードを追加していくことができます。終わったら「保存」をクリックします。

Step7

[4] 以上で変更が完了しました。

Step8

GeoDNSについて

「GeoDNS」を「有効」にすると、登録したドメインの編集時に「A(通常)レコード」と「A(GeoDNS)レコード」を追加することができます。「A(GeoDNS)レコード」の「リージョン」を「auto」で追加されたIPアドレスには 日本 / シンガポール / アメリカ のうちもっとも近いリージョンが割り振られます。

※ConoHaサービス内のIPアドレスに限ります。外部のIPアドレスを設定する場合はリージョンを 日本 / シンガポール / アメリカ から選択してください。

お客様の設定したホストへリクエストがあった際は、リクエスト元にもっとも近いリージョンに割り振られたIPアドレスが応答します。

GeoDNSを有効にするには、以下の設定を「有効」に変更します。

Step9

今すぐお申し込み