クーポンプレゼント
ドキュメント
  • ご利用ガイド
  • ロードバランサーを使う

    ロードバランサーを使う

    ロードバランサーを使う

    ConoHaのロードバランサーは、VPSに対してトラフィックを振り分ける機能を提供します。負荷分散を行ったり、冗長構成のシステムを作ることができます。パケット転送方法はDSR方式です。VPSからクライアントへ直接パケットを転送する必要があるため、VPS(OS)側にも設定が必要です。最後に設定例をご紹介しています

    ヘルスモニタリストの作成

    ヘルスモニタとは、ロードバランサーから振り分け先のサーバーに対し、どのようにヘルスチェック(死活監視)するかを定義するものです。ConoHaのロードバランサーはHTTP、TCP、PINGの3つのプロトコルから選択することができます。負荷分散するサービスに合わせてプロトコルを選択してください。

    [1] メニューから「ネットワーク」を選択します。

    Step1

    [2] 下記のヘルスモニタリストの部分(1)をクリックし、右側のアイコン(2)をクリックします。

    Step2

    [3] をクリックすると新規にヘルスモニタを追加できます。プロトコル、リージョンなどを選んで「保存」をクリックして下さい。

    Step3

    [4] ヘルスモニタが作成されました。

    Step4

    ロードバランサーを作成する

    次にロードバランサーを作成します。

    [1] ロードバランサーの右側にある「追加」をクリックします。

    Step5

    [2] リージョンを選択して「追加」をクリックします。

    Step6

    [3] ロードバランサーが追加されました(ロードバランサーのIPアドレスは、環境やリージョンによって変わります)。IPアドレスの部分をクリックすると、ロードバランサーの詳細情報が表示されます。

    Step7

    バランシング先の設定を行う

    [1] バランシングはTCPポート毎に設定するため、まずバランシング元ポートを選択します。

    Step8

    [2] 次にバランシングのサーバーを設定します。以下のアイコンをクリックします。

    Step9

    [3] 「バランシング方法」「ヘルスモニタ」をそれぞれ選択して、バランシング先IPアドレスを追加します。バランシング方法は以下の通りとなっています。

    • ラウンドロビン: 各サーバーに均等に振り分ける
    • リーストコネクション: 最も接続数の少ないサーバーに振り分ける
    設定したら「保存」をクリックします。

    Step10

    [4] バランシング先の設定が完了しました。

    Step11

    VPS側の設定

    ロードバランサーのパケット転送方法はDSR方式です。VPSからクライアントへ直接パケットを転送する必要があり、ネットワークの設定を変更する必要があります。ここではCentOS6.6を例に、設定方法をご説明します。

    ループバックインターフェイスを追加する方法とiptablesの設定を行う方法の二つがあります。

    ループバックインターフェイスを設定する方法

    [1-1] ループバックインターフェイスの設定ファイルを編集します。

    vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-lo:0

    ファイルの内容は以下のようになります。

    DEVICE=lo:0
    IPADDR=[ロードバランサーのバーチャルIPアドレス]
    NETMASK=255.255.255.255
    ONBOOT=yes

    [1-2] ネットワークサービスをリスタートして、設定を反映します。

    service network restart	

    iptablesで設定する方法

    [1] 以下のコマンドを実行します。

    iptables -t nat -A PREROUTING -d [ロードバランサーのバーチャルIPアドレス] -j REDIRECT

    設定を保存する場合は/etc/sysconfig/iptablesに設定を記述します。

    [1-2] CentOS7の場合

    CentOS7はfirewalldとNetworkManagerによる管理のため、iptablesでは設定ができません。以下の手順を参考にしてください。

    # httpサービスをfirewalldに追加(iptablesでポート80を開けるのと同じです)
      firewall-cmd --add-service http
    
    # eth0にロードバランサーのIPアドレスをエイリアスとして追加
      nmcli c mod eth0 +ipv4.addresses "[ロードバランサーのバーチャルIPアドレス]/32"
    
    # ネットワークインターフェイスをリスタートして設定を反映
      nmcli c down eth0; nmcli c up eth0

    [2] 正常にアクセスできることを確認する

    ロードバランサーのバーチャルIPアドレスに対してアクセスし、正常に負荷分散されることを確認してください。

    今すぐお申し込み