ドキュメントご利用ガイドMastodonアプリケーションイメージの使い方

Mastodonアプリケーションイメージの使い方

Mastodonアプリケーションイメージの使い方

Mastodon(マストドン)は、Twitterのような投稿ができる分散型ソーシャルネットワークを実現するオープンソースソフトウエアです。

ConoHaではMastodonをアプリケーションイメージとして提供していますので、すぐに使い始めることができます。

Mastodonアプリケーションイメージインストール手順

[1] 「サーバー追加」ボタンをクリックします。

MastodonStep1

[2] イメージタイプから「アプリケーション」を選択し、Mastodonを選択してVPSを作成します。

MastodonStep2

Mastodonアプリケーションイメージの使い方

Mastodonは仕様としてドメインとメールに関する設定が必須となっています。

ConoHaのMastodonアプリケーションイメージは原則Dockerを使用しない公式のインストール手順に従っていますが、これらの設定が含まれていませんので、サーバーを作成後お客様自身で設定していただく必要があります。

ConoHaのMastodonイメージではドメインの設定・データベースの設定・Let's EncryptによるSSL証明書を簡単に設定できる初期設定スクリプトを同梱しています。

ここでは、初期設定スクリプトの使用方法について紹介します。

※初期設定スクリプトを使用せず、直接設定ファイルを編集してMastodonをセットアップすることもできます。

初期設定スクリプトを編集する

初期設定スクリプトではConoHaのAPIを使用してDNSにドメインを登録し、AレコードにVPSのIPアドレスを設定するため、ConoHaのAPIに関する情報が必要となります。

API情報はコントロールパネルメニューの「API」から確認できます。

MastodonStep3

[1] API情報が確認できましたら、コンソールやSSHクライアントソフトからVPSへ接続しrootアカウントでログインします。

[2] 初期設定スクリプトは[/root/setup.sh]に設置されていますのでviエディタなどテキストエディタで3~8行目を下記の内容に沿って編集します。

API_TENANT_ID:テナントID
API_USERNAME:APIユーザー名
API_PASSWORD:APIユーザーに設定されたパスワード
DOMAIN_NAME:設定したいドメイン名
MAIL_ADDRESS:Let's Encrypt の証明書の期限切れ通知等の受信のために使用するメールアドレス

[3] ここではまだsetup.shは実行しません。

メール配信の設定をする

次にメール配信の設定をします。

[/home/mastodon/live]にMastodonがインストールされており、設定ファイルは同ディレクトリ内の[.env.production]です。 viエディタなどテキストエディタで[.env.production]を編集します。

SMTP_SERVER, SMTP_LOGIN, SMTP_PASSWORD

の値が最低限必須となります。ご利用のメールサーバに合わせて適宜設定してください。

ConoHaメールサーバーを利用するお客様はこちらの記事をご確認ください。

初期設定スクリプトを実行する

最後に、[/root/setup.sh]を実行します。

# bash /root/setup.sh

これでMastodonの設定が完了し、必要なデーモンも自動的に起動します。

ブラウザでアクセスする

ブラウザで https://設定したドメイン にアクセスしてアカウント作成画面が出たらMastodonのセットアップは完了です。

今すぐお申し込み