オブジェクトストレージ30日間無料
ドキュメントご利用ガイドMastodonアプリケーションイメージの使い方

Mastodonアプリケーションイメージの使い方

Mastodonアプリケーションイメージの使い方

Mastodon(マストドン)は、Twitterのような投稿ができる分散型ソーシャルネットワークを実現するオープンソースソフトウエアです。

ConoHaではMastodonをアプリケーションイメージとして提供していますので、すぐに使い始めることができます。

Mastodonアプリケーションイメージインストール手順

[1] 「サーバー追加」ボタンをクリックします。

MastodonStep1

[2] イメージタイプから「アプリケーション」を選択し、Mastodonを選択してVPSを作成します。

MastodonStep2

Mastodonアプリケーションイメージの使い方

Mastodonは仕様としてドメインとメールに関する設定が必須となっています。

ConoHaのMastodonアプリケーションイメージは原則Dockerを使用しない公式のインストール手順に従っていますが、上記設定が含まれていませんので、サーバー作成後お客様自身で設定していただく必要があります。

その設定方法をご紹介します。

Mastodonの設定をする

/home/mastodon/live にMastodonがインストールされています。設定ファイルは同ディレクトリ内の.env.productionです。 お好みのテキストエディタで.env.productionを編集します。

# cd /home/mastodon/live
# vi .env.production

データベースの情報はPostgreSQLがインストール・設定済みとなっています。この設定値は.env.productionにも書き込まれているため、基本的に編集は不要です。外部のデータベースサーバを使用する際には適宜編集してください。

LOCAL_DOMAINSにこのサーバに使用したいドメインを書き込みます。 HTTPSを使用しない場合にはLOCAL_HTTPSをfalseにしてください。

次に、メール配信関連の設定を行います。

SMTP_SERVER, SMTP_LOGIN, SMTP_PASSWORD

の値が最低限必須となります。ご利用のメールサーバに合わせて適宜設定してください。

ConoHaメールサーバーを利用するお客様はこちらの記事をご確認ください。

以下のコマンドを実行し、Mastodon用のデータベースを作成・Railsのアセットをコンパイルしておきます。

sudo -u mastodon RAILS_ENV=production /home/mastodon/.rbenv/versions/2.4.1/bin/bundle exec rails db:setup
sudo -u mastodon RAILS_ENV=production /home/mastodon/.rbenv/versions/2.4.1/bin/bundle exec rails assets:precompile

Mastodonを起動する

最後に、Mastodonを起動します。

systemctl enable --now mastodon-sidekiq
systemctl enable --now mastodon-streaming
systemctl enable --now mastodon-web

ブラウザでアクセスする

ブラウザでドメイン:3000にアクセスしてアカウント作成画面が出たらMastodonのセットアップは完了です。

今すぐお申し込み