ドキュメントご利用ガイドMastodonアプリケーションイメージxConoHaメールサーバーでMastodonのインスタンスを作る

MastodonアプリケーションイメージxConoHaメールサーバーでMastodonのインスタンスを作る

MastodonアプリケーションイメージxConoHaメールサーバーでMastodonのインスタンスを作る

Mastodon(マストドン)は、Twitterのような投稿ができる分散型ソーシャルネットワークを実現するオープンソースソフトウエアです。

ConoHaではMastodonをアプリケーションイメージとして提供しており、Mastodonのインスタンスを作るのに必要なものはほとんどインストール・設定済みとなっていますが、メールサーバーのみお客様自身にご用意いただく必要があります。

そこでConoHaのメールサーバーを使えば、海外のメールサーバーサービスの利用が不安な方でも安心して使えて、わざわざ時間をかけてほかのサービスを申し込む必要もなく、かんたんな設定ですぐにConoHaでMastodonのインスタンスを作ることができます。

以下では、その手順をご説明します。

Mastodonアプリケーションイメージをインストール

[1] 「サーバー追加」ボタンをクリックします。

MastodonStep1

[2] イメージタイプから「アプリケーション」を選択し、Mastodonを選択してVPSを作成します。

MastodonStep2

ConoHaメールサーバーを追加

[1] サーバーの追加はメニューの一番上、「サーバー追加」から行います。

MailStep1

[2] 「リージョン」を選択し、「サービス」で「メールサーバー」を選択します。
容量や自動バックアップオプションをご任意で選択していただき、サブドメイン、ネームタグを入力の上、「追加」をクリックします。

MailStep2

[3] サーバーリストに追加されます。ネームタグをクリックして詳細確認を行います。

MailStep3

メールアドレスの追加方法

[1] メールアドレスリストの「+メールアドレス」をクリックします。

MailStep4

[2] メールアドレスの@前にご任意の文字列を入力し、パスワードを設定して保存をクリックします。

MailStep5

[3] メールアドレスが追加されました。詳細情報の確認が可能です。

MailStep6

※独自ドメインを利用したい場合は、こちらの記事をご確認ください。

初期設定スクリプトを編集する

ConoHaのMastodonイメージではドメインの設定・データベースの設定・Let's EncryptによるSSL証明書を簡単に設定できる初期設定スクリプトを同梱しています。

初期設定スクリプトではConoHaのAPIを使用してDNSにドメインを登録し、AレコードにVPSのIPアドレスを設定するため、ConoHaのAPIに関する情報が必要となります。

API情報はコントロールパネルメニューの「API」から確認できます。

MastodonStep3

[1] API情報が確認できましたら、コンソールやSSHクライアントソフトからVPSへ接続しrootアカウントでログインします。

[2] 初期設定スクリプトは[/root/setup.sh]に設置されていますのでviエディタなどテキストエディタで3~8行目を下記の内容に沿って編集します。

API_TENANT_ID:テナントID
API_USERNAME:APIユーザー名
API_PASSWORD:APIユーザーに設定されたパスワード
DOMAIN_NAME:設定したいドメイン名
MAIL_ADDRESS:Let's Encrypt の証明書の期限切れ通知等の受信のために使用するメールアドレス

[3] ここではまだsetup.shは実行しません。

メール配信の設定をする

次に、メール配信関連の設定を行います。Mastodonの設定ファイルに先ほど設定したメールサーバーの情報を入れます。

[/home/mastodon/live]にMastodonがインストールされており、設定ファイルは同ディレクトリ内の[.env.production]です。 viエディタなどテキストエディタで[.env.production]を下記の内容で編集します。

SMTP_SERVER=<コントロールパネルで確認できるSMTPサーバー名>
SMTP_PORT=587
SMTP_LOGIN=<作成したメールアドレス>
SMTP_PASSWORD=<コントロールパネルで設定したメールアドレスのパスワード>
SMTP_FROM_ADDRESS=<作成したメールアドレス>
SMTP_AUTH_METHOD=plain
SMTP_OPENSSL_VERIFY_MODE=none

初期設定スクリプトを実行する

最後に、[/root/setup.sh]を実行します。

# bash /root/setup.sh

これでMastodonの設定が完了し、必要なデーモンも自動的に起動します。

ブラウザでアクセスする

ブラウザで https://設定したドメイン にアクセスしてアカウント作成画面が出たらMastodonのセットアップは完了です。

今すぐお申し込み