オブジェクトストレージ30日間無料
ドキュメントご利用ガイドMovableTypeをインストールしてブログを作る

MovableTypeをインストールしてブログを作る

MovableTypeをインストールしてブログを作る

VPSを使ってブログを公開するとき、代表的なツールとして、WordPressやMovable Typeがあります。

WordPressは人気のあるブログツールですが、ここでは古くからの歴史があるMovable Typeをインストールし、ブログを公開してみます。

設定手順

1. Perlのバージョンを確認する

Movable Typeを実行するためにはPerl CGIを実行できるWebサーバーが必要です。オプションを使用するにはPHPも必要ですが、ここではPerlだけを使用します。

ConoHaのVPSで提供されているイメージではPerlが既にインストールされています。まずは正しくインストールされているか確認してみましょう。

コンソール画面にログインし、以下のコマンドを実行します。正しくインストールされていれば、以下のように表示されます。

perl -v

Step1

Movable Type 5.2を利用するためには、Perl 5.8.1以上が必要ですが、今回は5.10.1ですので、問題ありません。

次に、ApacheでCGIを実行できるように、/etc/httpd/conf/httpd.confを編集して/var/www/html/mtの配下にある.cgiで終わるファイルについてCGIを実行できるように設定します。以下のように変更します。

<Directory /var/www/html/mt>
  Options +ExecCGI
  AddHandler cgi-script .cgi
</Directory>

Step2

2. Movable Typeをインストールする

次に、Movable Typeをダウンロードして展開します。Movable Typeの公式サイトより最新版をダウンロードします。執筆時点での最新バージョンは5.2.13でした。

(ここでは、Movable Type 5.2系を使用します。Movable Type 6もリリースされていますが、ライセンス体系が変更になっていますので、公式サイトを確認してください。)

wget http://www.movabletype.jp/downloads/stable/MTOS-5.2.13.zip
unzip MTOS-5.2.13.zip

Step3

解凍したファイルをApacheの公開ディレクトリに移動します。今回は「mt」というディレクトリに移動することにします。また、所有者をapacheに変更しておきます。

mv MTOS-5.2.13 /var/www/html/mt
chown -R apache /var/www/html/mt

Step4

まずはMovable Typeを実行できる環境が整っているかを確認します。Webブラウザでhttp://IPアドレス/mt/mt-check.cgiにアクセスします。

Step5

画面の最下部に「システムのチェックを完了しました」と表示されていれば、サーバーの環境に問題がないことがわかります。

Step6

3. データベースを作成する

Movable Typeで投稿したデータを保存するためのデータベースを作成します。

MySQLにアクセスし、以下のコマンドを実行します。

CREATE DATABASE mt;   # Movable Type用のデータベースmtを作成
				GRANT ALL PRIVILEGES ON mt.* TO mt@localhost IDENTIFIED BY 'パスワード';      # Movable Type用のユーザーmtを作成

Step7

4. Movable Typeを設定する

WebブラウザからMovable Typeにアクセスします。http://IPアドレス/mt/mt.cgiを開くと、次のような画面が表示されます。

Step8

インストールウィザードが開始されますので、指示に従って進めていきます。

Step9

データベース設定では、上記で作成したデータベースのIDやパスワードを指定します。

Step10

データベースの設定が完了していれば、以下のように設定完了となります。

Step11

メールの送信については、インストール後に変更することもできますが、ここで送信元を設定しておきます。

Step12

設定が完了すると、以下のように表示されます。

Step13

5. ブログを作成する

設定が完了すると、まずはアカウントの作成を行います。

Step14

まずは新たにWebサイトを作成します。公開したいURLを指定して作成してください。

Step15

インストールが完了すると、以下のように表示されます。画面下の「Movable Typeにサインイン」を押してダッシュボードに移動します。

Step16

ダッシュボードから、ページの作成やブログの作成が可能になっています。ここでは、「ブログの作成」を押して、ブログを作成していきます。

Step17

表示されたフォームにブログ名などを入力して新しいブログを作成できます。

Step18

作成したブログに対して、記事をどんどん投稿していきましょう。

Step19

まとめ

今回はMovable Typeをインストールし、ブログを作成するところまで解説しました。CGIの設定が少し複雑ですが、ファイルを配置したあとはWebブラウザからさまざまな設定ができます。Movable Typeは柔軟なのでブログだけでなくWebサイトの作成も簡単に行うことができます。

今すぐお申し込み