オブジェクトストレージ30日間無料
ドキュメントご利用ガイドphpMyAdminをセットアップしてMySQLを管理しよう

phpMyAdminをセットアップしてMySQLを管理しよう

phpMyAdminをセットアップしてMySQLを管理しよう

データベースを作成したりメンテナンスを行う場合、コントロールパネルのコンソールやSSHなどで、コマンドから操作することが一般的です。

コマンド操作が苦手という方でもデータベースを操作できるように、ここではMySQLをWebブラウザから管理するためのphpMyAdminをセットアップしてみます。

設定手順

1. phpMyAdminをインストールする

MySQLをWebブラウザから管理するためのツールとして有名なのが「phpMyAdmin」です。

phpMyAdminのインストールは、ファイルをダウンロードしてApacheの公開フォルダに配置するだけです。

まずはインストールされているMySQLのバージョンを確認します。コンソール画面にログインし、以下のコマンドを実行します。

mysql --version

Step1

CentOSの標準では、執筆時点ではMySQLのバージョンが5.1でした。5.1に対応しているphpMyAdminの最新は4.0.10.9でしたので、コンソール画面にログインし、以下のコマンドを順に実行します。

wget http://sourceforge.net/projects/phpmyadmin/files/phpMyAdmin/4.0.10.9/phpMyAdmin-4.0.10.9-all-languages.zip
unzip phpMyAdmin-4.0.10.9-all-languages.zip

Step2

Step3

MySQLのバージョンが5.5以上の環境であれば、最新のphpMyAdminである4.4.4を導入することも可能です。この場合は、以下のようなコマンドを実行することになります。

wget http://sourceforge.net/projects/phpmyadmin/files/phpMyAdmin/4.4.4/phpMyAdmin-4.4.4-all-languages.zip
unzip phpMyAdmin-4.4.4-all-languages.zip

続いて、Apacheの公開フォルダに配置します。ここでは、/var/www/htmlの下に「phpmyadmin」という名前で配置し、所有者をapacheに変更します。

mv phpMyAdmin-4.0.10.9-all-languages /var/www/html/phpmyadmin
chown -R apache /var/www/html/phpmyadmin

Step4

2. phpMyAdminにログインする

この時点で、phpMyAdminにアクセスしてみます。Webブラウザからhttp://IPアドレス/phpmyadmin/にアクセスすると、次のように表示されます。

Step5

MySQLのIDとパスワードを入力して、以下のような画面が表示されれば成功です。

Step6

ここで、一番下にエラーメッセージが二つ出ています。一つ目はパスフレーズの設定です。

phpmyadmin内にある「config.sample.inc.php」というファイルの名前を変更して、「config.inc.php」というファイルを作ります。

cd /var/www/html/phpmyadmin
mv config.sample.inc.php config.inc.php

Step7

テキストエディタでこのファイルを編集し、以下のようにblowfish_secretの部分をランダムな文字列に書き換えます。

Step8

二つ目はmcryptの導入です。まずはyumを使って、php-mcryptを導入します。

yum install php-mcrypt

Step9

正常にインストールが完了したら、Webサーバーを再起動します。

service httpd restart

Step10

これで再度phpMyAdminにアクセスすると、エラーが表示されなくなりました。

まとめ

今回はphpMyAdminを導入しました。レンタルサーバーでは初期状態で導入されていることがほとんどですが、VPSであれば自分自身で構築する必要があります。

今すぐお申し込み