オブジェクトストレージ30日間無料
ドキュメントご利用ガイドプライベートネットワーク

プライベートネットワーク

プライベートネットワーク

プライベートネットワークは最大10セグメントまで作成することができます。

[1] メニューから「ネットワーク」を選択します。

Step1

[2] 「プライベートネットワーク」を選択します。

Step1

[3] リージョンとセグメントを選択して「追加」をクリックします。

Step1

* 現状でプライベートネットワークはリージョンをまたぐことはできません。*

[4] プライベートネットワークが作成されました。次に作成したプライベートネットワークに対してサーバーを接続します。下記のアイコンをクリックしてください。

Step1

[5] サーバー毎に「接続する」「接続しない」を設定して「保存」をクリックます。

Step1

これでサーバーに対してネットワークインターフェイスが追加されます。この後ネットワークインターフェイスに対してIPアドレスの割り当てなど設定を行う必要があり、この設定はOS毎に異なります。各OSのマニュアルなどをご参照ください。



VPS設定例

ここではCentOS6での設定例をご紹介します。

[1] ネットワークインターフェイスが追加されていることを確認します。

ip link

以下のようにeth1が表示されれば正常です。

3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN qlen 1000
    link/ether fa:16:3e:3c:e0:c1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

[2] eth1にネットワークの設定を行う。

ネットワークインターフェイスは認識されていますが、IPアドレスが設定されていないので、このままではIP通信ができません。設定を変更してIPアドレスを割り当てます。

使用できるIPアドレスレンジはプライベートネットワーク作成時の内容により異なりますので、不明な場合はコントロールパネルでご確認ください。

設定ファイルは/etc/sysconfig/network-scripts/の配下にあります。ifcfg-eth0をifcfg-eth1にコピーして、内容を編集します。

# ディレクトリ移動
cd /etc/sysconfig/network-scripts

# ファイルをコピー
cp ifcfg-eth0 ifcfg-eth1

# 編集開始
vi ifcfg-eth1

以下のようにします。IPアドレスはサーバ毎に別々の値を入れます。

TYPE="Ethernet"
BOOTPROTO="none"
IPADDR="[IPアドレス]"
NETMASK="255.255.255.0"
DEVICE="eth1"
ONBOOT="yes"

設定ファイルを記述したらネットワークをリスタートします。

service network restart

これでIPアドレスが割り当てられたので、確認します。ipコマンドに引数addrをつけると、インターフェイス毎にIPアドレスなどが表示されます。

ip addr

以下のようにinetのところにIPアドレスが表示されていれば問題ありません。

3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether fa:16:3e:3b:f6:31 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.10.10.1/24 brd 10.10.10..255 scope global eth1
    inet6 fe80::f816:3eff:fe3b:f631/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever

今すぐお申し込み