ドキュメント
  • ご利用ガイド
  • MySQLをセットアップする

    MySQLをセットアップする

    MySQLをセットアップする

    WordPressやDrupalなどのブログを使う場合、記事を保存するためにデータベースが必要です。ここではConoHaのVPSに対してMySQLをセットアップし、データベースを作成する方法を考えます。

    データベースとして使用されるソフトウェアにはMySQLやPostgreSQLなどがありますが、ここではMySQLを導入してみます。データベースが導入できていないとWordPressやDrupalの設定が行えませんので、この記事を参考に導入してみてください。

    設定手順

    1. MySQLインストール

    ConoHaのVPSの各OSイメージには、MySQLはインストールされていませんので、インストール作業を行います。

    インストールは以下のコマンドを実行するだけです。

    yum -y install mysql-server

    Step1

    実行した結果、図のように「Complete!」と表示されればインストール成功です。

    Step2

    2. MySQLを起動する

    続いて、MySQLを起動するための設定を行います。単純に起動するだけでなく、VPSを再起動した際にもMySQLが自動的に起動するように設定しておきましょう。

    以下のコマンドを実行し、処理が正常に終了することを確認します。

    chkconfig mysqld on   # 説明:今後、PCの起動時にMySQLも自動で起動するようにします。
    service mysqld start  # 説明:ここでは手動でMySQLを起動します(次回起動からは自動起動するので不要)

    Step3

    次のような画面が表示され、「Starting mysqld:」の行で「OK」と表示されれば、起動しています。

    Step4

    3. セキュリティを高める

    次に、初期設定をしていきます。セキュリティを高めるため、パスワードの変更とテスト用のデータベースなどの不要なものを削除しておきます。

    実行には、以下のコマンドを入力してください。

    mysql_secure_installation

    Step5

    MySQLのrootのパスワードの変更や様々な質問が表示されますが、Yes/Noな質問にはすべて「Y」で答えて、指示に従っていきます。

    Step6

    最後に「Thanks for using MySQL!」と表示されれば成功です。

    Step7

    4. データベースを作成する

    ここでは、MySQLの動作テストのためにDrupalのデータベースを作成してみます。

    まずは以下のコマンドを実行し、設定したrootユーザーのパスワードを入力してMySQLにログインします。

    mysql -u root -p     # 説明:MySQLにログインします。

    続いて、Drupal用に、「drupal」という名前のユーザーとデータベースを作成します。

    CREATE DATABASE drupal;
    GRANT ALL PRIVILEGES ON drupal.* to drupal@localhost identified by 'パスワード';

    Step8

    Drupalのデータベースが作成されたか確認するためには、MySQLにログインして以下のコマンドを実行します。

    show databases;

    Step9

    実行した結果、MySQLに登録されているデータベースの一覧が表示されます。「drupal」という名前が表示されていれば完了です。

    Step10

    必要に応じて、MySQLのパスワードを変更しておきましょう。ここでは、以下のコマンドを実行してrootユーザーのパスワードを変更しています。

    SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('パスワード');

    Step11

    まとめ

    以上でMySQLのセットアップとデータベースの作成は完了です。

    今すぐお申し込み