シンガポール・サンノゼリージョン全プラン 30日間 25%OFF!
ドキュメントご利用ガイドsudoを設定する

sudoを設定する

sudoを設定する

rootアカウントはすべての権限があるためシステムファイルなどの変更、削除も可能となります。誤操作等により重要なファイルが削除されるなどの事態も発生する可能性があるため、通常の作業は一般ユーザーにて行いましょう。一般ユーザーはroot権限がないため、sudoを利用することでroot権限が必要なコマンド操作が可能となります。sudoではパスワード入力を求められ、コマンドの入力ミスなどの誤操作を防ぐことにもつながります。

ここではCentOS7を利用した設定の方法の一例を紹介します。

その他のOSの操作については各OSの参考書籍等ご確認ください。

VPSへログインする

コンソールか、ターミナルソフトを利用しVPSへroot権限のあるユーザーでログインします。

sudoStep1

※パスワードは表示されません。

sudoを設定する

ConoHaのVPSのテンプレートイメージCentOS7では初期状態で「wheel」グループに所属している一般ユーザーはsudoを利用できるようになっています。一般ユーザーを「wheel」グループへ所属させるには下記のコマンドを入力します。

# usermod -G wheel [所属させるユーザー名]

sudoStep2

sudoを利用する

[1] sudoを利用できるように設定した「wheel」グループに所属している一般ユーザーでログインし、下記のように先頭に[sudo]を入力の上コマンドを実行します。

$ sudo [コマンド]

[2] パスワード入力を求められるのでログインした一般ユーザーのログインパスワードを入力します。

sudoStep3

今すぐお申し込み