初心者がアフィリエイトで稼ぐには? 始め方から稼ぐコツまで

アフィリエイトで月100万円を稼ぐ!

そんな夢を胸に、アフィリエイトを始めた人も多いことでしょう。

しかしアフィリエイトで稼ぐことは簡単ではありません。

特に初心者の人は、アフィリエイトで稼げるようになる前に挫折してしまうケースがほとんどです。

本記事では、初心者の方でもアフィリエイトで稼げるようになるためのノウハウについて解説します。

アフィリエイトで収益が発生する仕組み、広告の種類、アフィリエイトジャンルの選び方、記事の書き方などをわかりやすくアドバイスしています。

  • ※本記事で紹介している情報は執筆時点のものであり、閲覧時点では変更になっている場合がございます。また、ご利用の環境(ブラウザ、サーバー、プラグイン、テーマ、またはそのバージョンや設定、WordPress本体のバージョンや設定など)によっては本記事の情報通りに動作しない場合がございます。あらかじめご了承ください。

目次

監修者
サンツォ

ブログ歴9年、マーケティング歴19年の副業ブロガー。ブログやアフィリエイト、WordPressのノウハウを教えるブログ『マクサン』の運営者。ブログ収入の累計は億を超え、月100万円以上の収益を継続的に稼ぎ続ける。現在はブログのオンラインサロン『マクサン』の共同オーナーを務め、延べ800以上のブログ相談や初心者へのコンサルティングをおこなっている。そのほか10万人以上のフォロワーを抱える『ベランダ飯』など、複数のブログやSNSの運営に携わる。

初心者がアフィリエイトで稼ぐのは難しい?

アフィリエイトを始めたばかりの初心者が稼ぐのは簡単ではありません。

実際、アフィリエイトマーケティング協会が行っている「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2022」の結果を見ると、運用年数が長いほど収入も多くなる傾向が見えます。

アフィリエイトマーケティング協会「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2022」の調査結果。収入別のサイト運用期間の割合のグラフ

この結果を見てもアフィリエイトは、短期間で稼ぐことは難しいとわかるでしょう。

とはいえ、中にはアフィリエイトを始めて1年未満で1万円以上稼いでいる方も少なからずいらっしゃいます。

また、運用年数が長くなれば稼げる金額も上がっていることから、コツをつかみ継続していければ大きな収益を目指せるとも言えます。

アフィリエイトで稼ぐ仕組み

アフィリエイトの仕組みの図

アフィリエイトで稼ぐには、まずどのような仕組みで収益が発生するのかを理解したいところです。

ここではアフィリエイトで稼ぐ(収益が発生する)流れを解説します。

Webサイトを作り、ASPと契約する

アフィリエイトを始めるためには、まずはブログやアフィリエイトサイトなどのWebサイトが必要です。

無料ブログでは商用利用に制限があるものが多いので、WordPress(ワードプレス)でWebサイトを作成しましょう。

WordPressの始め方はこちらにくわしく解説しています。

次にASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)もしくは各種アフィリエイトプログラムにWebサイトを登録します。

ASPは、広告を出したい企業(広告主)とメディア運営者(アフィリエイター)の間を取り持つサービスで、広告素材や報酬のやりとりを仲介します。

ASPに登録するには、通常Webサイトの審査がありますが、なかにはA8.net(エーハチネット)のように審査がないASPもあります。

また、アフィリエイトをおこなう際には、一般的にこのASPに登録することになりますが、

物販アフィリエイト(Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトなど)のようにASPを介さないものもあります。

商品・サービスをWebサイトで紹介する

商品・サービスを自身のWebサイトで紹介します。

この際にASPから取得した広告を掲載しましょう。

広告はASPの管理画面から選び、事前に提携の申請をおこない、広告主からの承認を得ておく必要があります。

承認がおりたら広告コード(HTMLコード)を取得できるようになるので、自身のWebサイトの任意の位置に貼り付けることで、広告が表示できます。

ユーザーが商品・サービスを購入する

Webサイトに訪れたユーザーが広告をクリックして、商品を購入したりサービスの申し込みをおこないます。

このようなユーザーのアクションを「成果」と呼びます。

成果には、商品購入やサービス申し込みの他にも、来店・資料請求・無料会員登録・広告のクリックなどなど、さまざまな種類があります。

広告主がASPに広告費を支払う

広告を出している企業(広告主)が、成果に応じてASPに広告費を支払います。

メディア運営者はASPから報酬を受け取る

ASPからメディア運営者(アフィリエイター)に報酬を支払います。

ちなみに、発生した成果のすべてが報酬になるわけではありません。

成果は広告主による「承認作業」がおこなわれ、重複・いたずら・キャンセルなどを除いた分だけが「確定成果」となり、報酬の対象となります。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトは大きく分けて「成果報酬型」と「クリック報酬型」の2種類に大別されます。

成果報酬型はさらに「ASPアフィリエイト」と「物販アフィリエイト」があります。

成果報酬型

成果報酬型とは、Webサイトに訪れたユーザーが広告経由で商品の購入・サービスの利用申し込みなどを行った際に報酬が発生するものです。

これらの成果に対する報酬単価は、広告案件ごとに異なります。

ASPアフィリエイト

A8.netのトップページのキャプチャ画像

ASPアフィリエイトとは、ASPを通じて行うアフィリエイトのことです。

ASPにはさまざまな広告を出したい企業(広告主)の商品・サービス(広告案件)が登録されていて、メディア運営者(アフィリエイター)はその中から紹介したい広告案件を選択します。

あなたのWebサイトを訪れたユーザーが商品の購入やサービスの申し込みを行った場合に成果となり、広告主によって成果が承認されると、ASPから報酬が支払われます。

アフィリエイトのなかではもっとも成果発生のハードルは高いものの、報酬単価がもっとも高い(数千円~数万円など)点が特徴です。

代表的なASPには下記のようなものがあります。

おすすめのアフィリエイトASPについては、下記の記事でもくわしく解説しています。

初心者におすすめのアフィリエイトASPは? ジャンルの選び方も紹介

  • WordPressの始め方

物販アフィリエイト

Amazonアソシエイトのトップページのキャプチャ画像

物販アフィリエイトは、Amazonや楽天などモール型のECサイトが提供するアフィリエイトプログラムです。

ASPアフィリエイト同様、Webサイトを訪れたユーザーが商品の購入を行った場合に成果が発生します。

異なるのは、Webサイトで紹介しているもの以外の商品が購入された場合でも報酬が発生する点です(ただし24時間以内などの期間が定められている)。

たとえば、楽天市場のAというWebショップの商品の広告をユーザーがクリックしたとします。

このユーザーが、Aに移動したものの気が変わり、そのまま楽天市場のBというWebショップで商品を購入しても報酬が発生するということです。

Amazonや楽天は利用者がとても多く、ASPアフィリエイトに比べ成果発生のハードルが低いですが、そのぶん報酬単価は低いです(商品価格の数パーセント)。

初心者にとっては取り組みやすいアフィリエイトといえるでしょう。

代表的な物販アフィリエイトは次のとおりです。

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトはASPを経由せず直接提携しますが、

Yahoo!ショッピングはASP(バリューコマースまたはもしもアフィリエイト)を通してアフィリエイトを行います。

クリック報酬型

Googleアドセンスのトップページのキャプチャ画像

クリック報酬型(クリック課金型)は、Webサイトに設置した広告がクリックされた時点で報酬が発生する仕組みになっています。

実際に商品の購入などが行われなくても、広告をクリックされるだけで報酬が発生するため、成果が発生しやすく初心者にも取り組みやすいアフィリエイトです。

ただし、そのぶん報酬単価は低い(1クリックあたり20~30円)点がデメリットとなります。

また、クリック報酬型の多くは、成果報酬型のように自身で広告案件を選択する必要がありません。

たとえばGoogleアドセンスでは、ブログのジャンルにマッチした広告や、訪問したユーザーのネット上の行動履歴から推測した最適な広告を、自動で表示してくれる仕組みになっています。

利用するには、Googleアドセンスの審査に合格しなければなりませんが、広告設置の手間がかからず、そもそも商品を紹介する必要もないという手軽さがメリットです。

代表的なクリック報酬型アフィリエイトは次のとおりです。

Googleアドセンスについては、下記の記事でもくわしく解説しています。

Googleアドセンスを始めよう! 初心者でも簡単に収益化できる

  • WordPress運営のコツ

アフィリエイトで稼ぐコツ

アフィリエイトで稼ぐためにはいくつかのコツがあります。

具体的には「ジャンル選び」「SEO対策(集客)」「記事の品質」の3点です。

稼げるジャンルを選ぶ

アフィリエイトが成功するかどうかは、ジャンル選びがもっとも重要といわれています。

稼ぎやすいおすすめジャンル、避けるべきジャンルの両方について解説します。

稼げるジャンルの選び方

では、アフィリエイトで稼げるおすすめのジャンルとはどんな分野なのでしょうか?

稼げるジャンルの選び方について解説します。

知識・経験があるジャンル

自分自身に知識やノウハウのあるジャンルは、ほかの人には書けない独自性(オリジナリティ)の高い情報を発信することができます。

また、経験が豊富なジャンルはリアリティや説得力が生まれるため、ユーザーから信頼され稼げる可能性が高くなるでしょう。

たとえば、バイク好きの人が何十年に渡ってさまざまなタイプのバイクを乗り継いだ知識・経験を元にアフィリエイトサイトを運営すれば、信頼性の高い記事を書くことができるでしょう。

ほかの人には真似できない独自性や信頼性は、「アフィリエイトで稼ぐ」という意味で大きなアドバンテージです。

また、知識・経験があるジャンルのもう1つのメリットとして、記事のネタに困らないという点が挙げられます。

アフィリエイトで稼ぐには、継続することがもっとも重要です。

ネタが多ければ多いほど、好きであれば好きであるほど、長期に渡ってWebサイトを運営し続けることができるでしょう。

需要があるジャンル

多くの人が求めているニーズ(需要)のある情報ジャンルを選択するのもアフィリエイトで稼ぐポイントの一つです。

ほかの人には負けない知識や経験のある情報であっても、その情報自体の需要が低ければ誰にも読んでもらえません。

そのジャンルに需要があるかどうかは、キーワードの検索ボリュームを調べることで把握できます。

キーワードの検索ボリュームは、Googleのキーワードプランナーなどのツールを使うことで調べることができます。

Googleキーワードプランナーの使い方_キーワード候補の表示

キーワードプランナーはGoogle広告の利用者のみが使えますが、アカウントさえ取得すれば広告を出稿しなくても無料で利用することができます(ただし、その場合「1,000~1万」などのざっくりとした数値でしか表示されません)。

キーワードプランナーについては、下記の記事でくわしく解説しています。

キーワードプランナーとは? 導入方法や使い方を初心者向けに解説

  • WordPressの使い方/操作方法
報酬単価が高いジャンル

報酬単価が高いジャンルを選ぶのも、アフィリエイトで稼ぐための大切なポイントです。

アフィリエイトの報酬単価には、数円~数十万円など大きな開きがあります。中には100万円という報酬単価の広告案件も存在します。

報酬単価が1,000円の案件と1万円の案件では金額では10倍の差がありますが、成果発生に至るまでの難易度には10倍の差はないことが多いでしょう。

なので「稼ぐ効率」を考えると、なるべく報酬単価が高いジャンルを選ぶのがおすすめです。

報酬単価が高いジャンルとしては、「結婚相談所や婚活アプリなどの恋愛系」「プログラミングスクールや英会話教室などの教育系」などが挙げられます。

「ジムや脱毛サロンなどの美容・ダイエット系」も報酬単価は高いものの、書き方によって薬機法や景表法違反になるリスクが高く、初心者は避けたほうがよいでしょう。

また、「転職系」や「金融・投資系」」も安定して報酬単価が高いジャンルです。

ただし、報酬単価が高いジャンルは後述するYMYLに該当するジャンルに該当することが多いため、その点には注意が必要です。

また、報酬単価が高いジャンルは総じて強い競合の多いレッドオーシャンであることにも留意すべきでしょう。

成約率が高いジャンル

成約率が高いというのは、購入・申し込みされる(成果が発生する)確率が高いということです。

たとえば、無料資料請求や無料お試しなどがある広告案件では、ユーザーの金銭的な負担がないため、成果発生までのハードルが低くなるでしょう。

商品購入が成果となる案件でも、決済方法が多様だったり、利用者の多いAmazonや楽天では、ユーザーの心理的な障害が低くなるため成約率が高くなります。

また、成果を上げにくいジャンルに挑戦し、収入が発生しない状態が続くと、アフィリエイトに対するモチベーションも下がってしまいます。

アフィリエイトで稼ぐにはとにかく継続することがもっとも重要です。

少しずつでも収入を得られれば、モチベーションも上がり、継続していく力になるでしょう。

新しく登場したばかりのジャンル

新しく登場したジャンルは、すぐに稼げるようになるとは限りませんが、将来的にそのジャンルでの第一人者になれる可能性があるジャンルです。

「このジャンルであれば、このブログ」という第一想起(まっさきに思い浮かんだブランド)を得られるようになれば、継続的に稼げるようになるでしょう。

たとえば、近年では仮想通貨やプログラミングスクール、マッチングアプリなどが新しく生まれた市場として挙げられます。

今後はNFTやメタバースなどの市場が、成長が予測される分野として挙げられるでしょう。

注意点としては、新しく登場したジャンルが単発的なものか、継続して定着するジャンルかの見極めが必要な点です。

ジャンルの第一人者となっても、そのジャンルの需要が思ったよりも伸びなければ、アフィリエイトで継続的に稼ぐことは難しくなります。

もちろん、チャンスがある限り挑戦する価値はありますが、撤退条件を設定したうえで、状況を見つつ判断することが大切です。

おすすめできないジャンル

アフィリエイトで稼ぐには、おすすめできない(稼ぎにくい)ジャンルもあります。

YMYLに該当するジャンル

YMYLとは、Your Money or Your Lifeの略称で、人々の財産・健康・生命に大きな影響を与える情報分野を指します。

具体的には、病気や症状、金融や投資、政治活動や時事問題、決済を伴うショッピング、人種や宗教などにかかわるジャンルでは、検索エンジンの評価がとても厳しくなります。

YMYLの詳細については、「General Guidelines」を参照ください。

また、YMYLについてくわしく解説している記事がありますので、併せてご覧ください。

YMYLに該当するジャンルで検索エンジンに評価されるには、高いE-A-T(専門性・権威性・信頼性)が必要となります。

そのため、個人メディアでYMYLのジャンルを攻略することは(不可能ではないものの)とても難易度が高いといえます。

アフィリエイト初心者がYMYLのジャンルを選ぶのは、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

競争率が高いジャンル

強いライバル(競合となるWebサイト)が多いジャンルも、なるべく避けたほうがよいでしょう。

そのジャンルに関連するキーワードで検索した際に、検索結果の上位に企業やメーカー、大手Webメディアなどが独占しているジャンルは、競合性が高いレッドオーシャンな分野といえます。

報酬単価が高い分野や市場規模が大きい分野は、それだけ参入者が多くなるので競合環境が厳しくなる傾向にあります。

ただし、よほど新しい市場を狙うのではない限り、ライバルがいないブルーオーシャンな分野というのは存在しません。

存在するとしても、マネタイズが厳しいアフィリエイトで稼げないジャンルである場合が多いです。

なので、見せ方やポジション取りなどの工夫によって、レッドオーシャンの中のブルーオーシャンを見るけることが必要となります。

アフィリエイトの案件が少ないジャンル

アフィリエイトの広告案件が少ないジャンルは避けたほうが良いでしょう。

単純に案件を選べない(選択肢が少ない)という制約がありますし、広告主が少ないと競争が生まれないため報酬単価が上がりにくいというデメリットがあります。

また、広告案件が何かしらの理由で終了してしまった際に、代替えの案件がなくなってしまうというリスクもあります。

アフィリエイトの広告案件がどのくらいあるかを確認するには、ASPの管理画面を確認するのがもっとも簡単です。

たとえば、A8.netの場合、管理画面にログインしてプログラム検索を見ると、「カテゴリから検索」という項目があります。

ここを確認すれば、どのカテゴリにどのくらいの案件が存在するかを確認できます。

SEO対策をしてアクセスを集める

一般的なアフィリエイトサイトでは、アクセスの8~9割が検索経由の流入です。

つまりアフィリエイトで稼ぐには、自分のWebサイトを検索エンジン上で上位表示させるための施策であるSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)対策がとても重要になるのです。

SEO対策で重要なポイントについて、それぞれ解説します。

基本的なSEO対策をする

まずは、WebサイトそのものをSEOに適した構造で構築することが大切です。

たとえば、世界でもっとも利用されているCMSである「WordPress(ワードプレス)は、検索エンジンにクロールされやすい構造をもっていたり、各種プラグインでSEOの強化が容易なため、WordPressはSEOに強いといわれています。

また、SEO対策を行うにはWebサイトの表示速度も重要です。

表示速度を改善する方法はいくつかありますが、表示速度が速いレンタルサーバーを利用することも対策の1つです。

レンタルサーバーの「ConoHa WING」は国内最速の表示速度を誇り、初心者でも10分で設定完了できるWordPressかんたんセットアップ機能を備えています。

ConoHa WINGを利用してWordPressを始める方法は、下記の記事でくわしく解説してます。

【WordPressの始め方】初心者でも最短10分でできる!簡単で失敗しない開設方法

  • WordPressの始め方

また、WordPressのSEO対策については、下記の記事でもくわしく解説しています

WordPressのSEO対策を強化! 初心者でもできる方法を徹底解説

  • WordPressの使い方/操作方法
記事ごとにキーワードを設定する

SEO対策の基本は、記事ごとに明確に検索キーワードを設定することです。

1つの記事に1つのキーワードが基本ですが、次に説明する検索意図(ユーザーが検索した目的)が同じキーワードであれば、複数のキーワードを設定しても問題ありません。

1つの記事に複数のキーワード(検索意図)を設定してしまうと、記事の内容がブレてしまい、ユーザーにとっても分かりにくくなると共に、検索エンジンの評価にも悪影響を及ぼしてしまいます。

検索意図に沿った記事を作成する

アフィリエイト記事を作成する際は、ユーザーがどんな目的をもってそのキーワードで検索したのか、どのような疑問・問題を抱えているのかを常に意識することが重要です。

これを「検索意図」と呼びます。

たとえば、美味しいハンバーグを食べたいと思っているユーザーは、キーワード入力欄に、「美味しいハンバーグが食べたい」と入力しません。

もし、美味しいハンバーグを食べられるお店を探しているなら、「地名 ハンバーグ」「ハンバーグ 人気 レストラン」などで検索するでしょう。

自分で美味しいハンバーグをつくりたいのなら、「ハンバーグ 人気レシピ」「ハンバーグ 作り方 コツ」などで検索するはずです。

ユーザーの検索意図を知るには、ツールで「サジェストキーワード」「関連キーワード」「再検索キーワード」を調べる方法があります。

また、実際にキーワードで検索してみて、検索結果に上位表示されているページにどのような内容が書かれているかを確認するのもおすすめです。

検索意図に関しては下記の記事でもくわしく解説しています。

検索意図はSEOにおいて重要度No.1! その理由や調査方法も紹介

  • WordPress運営のコツ
ロングテールキーワードの記事も作成する

ロングテールキーワードとは、検索ボリュームは少ないものの、種類がたくさんある検索キーワードのこと。

多くが2語もしくは3語のキーワードを掛け合わせたキーワードです。

キーワードの種類の図。ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードとロングテールキーワードを解説

たとえば、「ハンバーグ」の検索ボリュームは約70万回と多いですが、「ハンバーグ レシピ」では25万回です。

さらに、「ハンバーグ レシピ 和風」だと400回まで減少します。

検索ボリュームが多く種類が少ないビッグキーワードは、狙っている競合も多くSEO難易度は高いといえます。

しかしロングテールキーワードは種類も多く競合環境もゆるいため、比較的検索上位に上げやすい初心者向けのキーワードです。

このロングテールキーワードでの上位表示を狙ってコツコツと記事を積み上げていくことが、アフィリエイトを始めたばかりの初心者がおこなうべきおすすめの戦略です。

ロングテールキーワードについては、下記の記事でもくわしく解説しています。

ロングテールキーワードとは? SEOに効果的な選び方とメリットを解説

  • WordPress運営のコツ
SEO対策済みテーマを導入する

WordPressにはさまざまなテーマ(デザイン・レイアウト・機能などがセットになったテンプレート)が用意されています。

その中にはSEO対策済みのテーマも多く、SEOの知識が少ない初心者でもSEO対策が施されたWebサイトを簡単に作成できます。

SEOに強いWordPressテーマについては、下記の記事でもくわしく解説しています。

SEOに強いWordPressテーマを選ぼう! 有料9選+無料7選

  • WordPressの使い方/操作方法

集客記事と収益記事を使い分ける

アフィリエイトで稼ぐには、集客記事と収益記事の使い分けを行うのが効率的です。

集客記事と収益記事をバランスよく作成し、Webサイト全体のアクセス増加と収益増加を目指していきましょう。

集客記事とは

集客記事とは、アフィリエイトの成果には繋がらないが、アクセスを集めやすいキーワードで書く記事を指します。

多くの人が関心を持つ情報ではあるものの、商品やサービスを紹介する記事ではない、という言い方もできます。

とりあえずWebサイトに訪問してもらいサイト内を回遊してもらう、Webサイト全体の検索エンジンの評価を上げてドメインを強くするなどの役割があります。

収益記事とは

収益記事とは、直接的に商品の購入やサービスの申し込みを狙ったキーワードで書く記事のことを指します。

たとえば「○○○ おすすめ」「○○○ 口コミ」「○○○ 人気ランキング」などが、収益記事で狙うキーワードです。

収益記事の目的はもちろん、アフィリエイトの成果を発生させ、収益を稼ぐことです。

ユーザーの役に立つ記事を作成する

ユーザーの役に立つ記事、つまり質の良い記事を作ることは、アフィリエイトで稼ぐためにもっとも重要な要素です。

質の良い記事はユーザーからの信頼・満足感が高まるとともに、検索エンジンからの評価にも良い影響を与えます。

結果的にアクセスが増加し、アフィリエイト収益も増えるでしょう。

アフィリエイトライティングのコツについては、下記の記事でもくわしく解説しています。

アフィリエイトで成功するライティングのコツは?Webライターとの違いも解説

  • WordPress運営のコツ

ペルソナを設定する

マーケティング用語で「ペルソナ」とは、商品・サービスを購入する典型的なユーザー像のことを指します。

アフィリエイトでは、そのキーワードで検索する人・その記事を読む人は具体的にどんな人物か、ということになります。

「ターゲット」とも似ていますが、ペルソナはより具体的に細かく、1人の人物像までを設定します。

たとえば、性別・年齢・職業・趣味・居住エリア・年収・家族構成・生い立ちなどまでを考えます。

ペルソナで細かく読者の人物像をイメージすることで、より具体的で刺さる文章を書けるようになります。

また、詳細な検索意図、検索意図の裏側にある背景などもイメージできるでしょう。

ユーザーの悩み・問題を解決する

アフィリエイト記事では、ユーザーが抱えるニーズ(悩み・問題・欲求)を解決するようにしましょう。

検索ユーザーは必ず何かしらのニーズを抱えています。

記事を読んでも疑問が解決されないとわかれば、広告をクリックせずに離脱してしまうでしょう。

そのため、できるだけ早い段階でユーザーのニーズを解決する(または解決できることを伝える)必要があります。

悩みが解決すれば、ユーザーの満足感・信頼感が高まり、広告をクリックする可能性も高まるでしょう。

ベネフィットを伝える

商品・サービスのスペック情報は、購入を判断するために必要な情報の一つです。

しかし、それ以上に重要なのが「ベネフィット」です。

ベネフィットとは、その商品を購入することでどのような素晴らしい未来が訪れるのか、どのような利益や恩恵が得られるのか、を指します。

スペック:商品の特徴、商品そのものの説明

メリット:商品の特徴から得られる利点、商品の売り

ベネフィット:商品のメリットから得られる状態、どのように変わるか

スペックやメリットだけを語っても相手の心は動かせませんし、購入という行動を起こさせるのも難しいです。

しかし相手にベネフィットを具体的に想像してもらえれば、高い確率で購入に繋がります。

アフィリエイトで稼ぐためのポイントは、このベネフィットが伝わる記事を書けるかどうかにかかっているといえます。

ベネフィットは実際に購入し使った人にしか分かりません。

なので、アフィリエイト記事を書く際は、実際にその商品・サービスを実際に自腹を切って購入し、しばらく使ってみて、体験談や感想をまじえたリアリティのある内容にすることが大切です。

アフィリエイトで稼ぐまでの手順

実際にアフィリエイトで稼げるようになるまでの手順を解説します。

手順は「ジャンル決め」「Webサイト作成」「アフィリエイト広告の設置」の3段階に分かれます。

アフィリエイトのジャンルを決める

繰り返しになりますが、アフィリエイトで稼ぐには「ジャンル選び」がとても重要です。

ジャンル選びに失敗すると、どんなに手間暇をかけてもアクセスや収益は伸びません。

まずはどのジャンルでアフィリエイトをおこなうか、どんなポジションや見せ方でオリジナリティを出すかなどの戦略を練りましょう。

稼げるジャンル選びのポイントについては、本記事内「稼げるジャンルを選ぶ」を参考にしてください。

Webサイトを作成する

次にWebサイト(ブログやアフィリエイトサイト)を作りましょう。

前述のとおり、アフィリエイトで稼ぐにはWordPressを使ってWebサイトを作成するのがおすすめです。

WordPressは初心者でも簡単にWebサイトを作成できるうえ、SEOにも強いため集客や収益化に有利となります。

無料ブログと違い、アフィリエイトなどの商用利用も自由です。

WordPressでWebサイトを作るには、レンタルサーバーConoHa WINGの「WINGパック」がおすすめです。

WordPressかんたんセットアップ」機能で初心者でも最短10分でWebサイトを開設できるほか、独自ドメインが最大2つまで無料でもらえます。

表示速度は国内最速。高機能・高性能のレンタルサーバーを格安で利用できる、コストパフォーマンスの良さが魅力です。

また、次から説明する「レンタルサーバーの契約」「独自ドメインの取得」「WordPressのインストール」のほかに、「SSLの導入」「WordPressテーマの導入」までをすべて一括で行うことができます。

ConoHa WINGを使ってWordPressを開設する方法については、下記の記事にくわしく解説しています。

【WordPressの始め方】初心者でも最短10分でできる!簡単で失敗しない開設方法

  • WordPressの始め方

レンタルサーバーを契約する

レンタルサーバーは、PCやスマホからの要求に対して、保管している情報を提供する役割を担っています。

Webサイトを運用するためには必ず用意する必要があります。

アフィリエイトサイトを運用するには、ユーザーによる購入の機会を逃さないために、高速表示ができる安定性の高いレンタルサーバーを使うことが大切です。

導入しやすく、継続利用できる料金設定であるかもチェックすると良いでしょう。

アフィリエイトにおすすめのレンタルサーバーについては、下記の記事でくわしく解説しています。

アフィリエイト初心者におすすめのレンタルサーバーは?選ぶポイントも解説!

  • WordPressの始め方

独自ドメインを取得する

ドメインとは、インターネット上の住所を指すもので、レンタルサーバーと同様にWebサイトを公開する上で必須となります。

独自ドメインは世界にたった1つのあなただけのドメインのことで、文字列を自由に設定できるほか、サーバーを引っ越ししても持ち運べる、SEOに有利になるなど、たくさんのメリットがあります。

独自ドメインは取得や維持に料金が発生するのが一般的ですが、レンタルサーバーによっては無料でドメインの取得・維持ができるものもあるため、セットで契約することをおすすめします。

WordPressをインストールする

WordPressをインストールするためには、WordPressの公式サイトからダウンロードし、レンタルサーバーにアップロードするのが基本です。

しかし、WordPress自動インストール機能があるレンタルサーバーであれば、申し込み時に「Webサイト名」「ドメイン名」「WordPressユーザー名・パスワード」などを入力するだけで、簡単にインストールすることが可能です。

WordPressの初期設定をおこなう

WordPressをインストールが完了しWebサイトが開設できたら、記事を作る前にいくつか初期設定をおこなう必要があります。

基本的なWordPressの初期設定には、以下のようなものがあります。

設定項目 概要
一般設定 Webサイトのタイトル、キャッチフレーズ、WordPressのURL、管理者メールアドレスなどの基本情報を設定
投稿設定 Webサイトのタイトル、キャッチフレーズ、WordPressのURL、管理者メールアドレスなどの基本情報を設定
投稿設定 投稿用のカテゴリ初期設定、デフォルトの投稿フォーマットなどを設定
表示設定 ホームページの表示、1ページに表示する最大投稿数、検索エンジンでの表示などを設定
ディスカッション設定 投稿した記事にコメントを表示させるか、表示の条件、コメントがあった際、自分宛にメールで通知するかなどを設定
パーマリンク設定 記事を投稿した際に付与されるURLのルールを設定。おすすめは「投稿名」
プライバシー設定 プライバシーポリシーページのひな形を自動で生成。自身で作成したページからプライバシーポリシーのページを指定することも可能

WordPressの初期設定については、下記の記事にくわしく解説しています。

【絶対やっておくべき!】WordPressの初期設定を徹底解説

  • WordPressの使い方/操作方法

記事を作成する

WordPressの初期設定を終えたら、記事を作成し公開します。

記事が1本もないWebサイトでは、アフィリエイトASPやアドセンスなどの審査に通らないことも多いので、あらかじめ記事を複数用意しておく必要があります。

WordPressでの記事の書き方についての詳細は下記の記事でくわしく解説しています。

【WordPressの記事の書き方】編集&投稿方法と、読まれる記事のコツ

  • WordPressの使い方/操作方法

また、アフィリエイトライティング(アフィリエイトで稼ぐための文章術)については、下記の記事で紹介しているのであわせてお読みください。

アフィリエイトで成功するライティングのコツは?Webライターとの違いも解説

  • WordPress運営のコツ

アフィリエイト広告を設置する

記事をいくつかアップしたら、いよいよアフィリエイト広告を設置していきましょう。

ASPへの登録から成果報酬を受け取るまでの流れを説明します。

アフィリエイトASPに登録する

本記事ではA8.netを例に、アフィリエイトASPに登録する手順を解説します。

A8.netのトップページのキャプチャ画像

まずはA8.netのトップページから、「今すぐ会員登録(無料)」ボタンを押下します。

A8.netのメールアドレス登録画面

すると、最初にメールアドレス登録の画面が表示されます。

登録するメールアドレスを入力し、「会員規約と個人情報の取り扱いに同意する」と「認証」にチェックを入れ、「仮登録メールを送信する」ボタンを押下します。

A8.netの基本情報の入力画面

登録したメールアドレスに仮登録メールが送信されるので、そのメールに記載されている「登録用URL」を選択します。

すると基本情報の入力画面に移るので、必要項目を入力し、「サイトをお持ちの方」ボタンを押下します。

A8.netのメディア情報の入力画面

次に、メディア情報を登録する画面になります。

自身で作成したWebサイトの情報を入力し、「口座情報を登録する」ボタンを押下します。

A8.netの口座情報の入力画面

報酬を受け取りたい口座情報の設定をおこないましょう。

銀行の選択などをおこない情報の入力が完了したら、「確認画面へ」ボタンを押下します。

A8.netの確認画面

入力した内容を確認し、間違いなければ登録は完了です。

最後に、確認画面の下に「おすすめプログラムへの提携申込み」が表示されるので、提携したいものにチェックを入れ、「上記の内容で登録する」ボタンを押下します。

広告案件を選ぶ

A8.netの管理画面からプログラム検索を選ぶ

アフィリエイトとして紹介したい広告案件(プログラム)を選ぶには、A8.netの管理画面にログインし、メニューバーにある「プログラム検索」を利用します。

「新着」「即時提携」「キャンペーン」などから検索することも可能です。

A8.netの提携申請画面

紹介したい広告案件を見つけたら、成果報酬や広告出稿の条件を確認し、問題がなければ「提携申請をする」のボタンをクリックします。

審査後、承認が出れば自身のWebサイトに広告を設置できます。

WordPressに広告を設置する

A8.netの管理画面から広告リンクをコピー

WordPressに広告を設置するには、まずA8.netで承認された広告主の広告リンクをコピーします。

広告のタイプ、サイズなどを選択し、表示される広告サンプルを確認後、「素材をコピーする」ボタンを押下します。

WordPressの投稿画面に広告リンクをペースト

WordPressの投稿画面に移ります。

WordPressの記事内で任意の場所に、先ほどコピーした広告リンクを貼り付けます。

公開する前に確認するため、画面右上のプレビューから、「新しいタブでプレビュー」を押下しましょう。

WordPressの投稿画面で広告表示をプレビュー

プレビューで確認し、広告が正確に表示されているか確認しましょう。

問題なければ投稿画面に戻って公開ボタンを押下すれば、完了です。

収益が発生し、報酬が支払われる

ユーザーが広告をクリックし、広告主のWebサイトで商品を購入することで成果が発生します。

成果が広告主によって承認されれば、登録した口座に報酬が支払われます。

A8.netの広告レポート

成果件数や報酬額、成果の承認状況などは、随時A8.netの管理画面上で確認することが可能です。

アフィリエイトで稼げない人の特徴

アフィリエイトで稼げない人にはいくつかの特徴があります。

短期間で稼ごうとする

アフィリエイトは結果が出るまでに時間がかかります。

Webサイトにコンテンツ(記事)が充実し、検索エンジンに評価されるようになるまでには、6ヶ月~1年ほどの時間が必要だと言われています。

前述のアフィリエイトマーケティング協会による「アフィリエ イト・プログラムに関する意識調査 2022」の結果を見てもわかるように、短期間でアフィリエイトで稼ぐのは非常に困難といえます。

短期間で無理に稼ごうとしても、検索エンジンからの評価が不十分ではアクセス自体が集まりません。

ユーザーの問題解決もできていないのに、商品・サービスをごり押しして広告をペタペタ貼りまくっているような記事では、

ユーザーからの信頼も得られませんしアフィリエイトの成果も発生しないでしょう。

まずはユーザーの検索意図を満たす(ユーザーが抱える悩みや問題を解決できる)質の良い記事を、時間をかけて丁寧に作るようにしてください。

ロングテールキーワードを狙って検索上位に表示できる記事をコツコツと増やしたり、被リンクを獲得することにより、Webサイト全体のSEO評価を着実に高めていくことが大切です。

継続力がない

前述のとおり、アフィリエイトで稼ぐには時間が必要です。

つまり継続しないと成功しないということですね。

アフィリエイトで稼げない人はすぐに結果を求めてしまう傾向があり、収益が出ないともうモチベーションが下がり更新を止めてしまいます。

これを防ぐためには、収益以外の目的を設定するなど、モチベーションを維持する工夫が必要です。

質の低い記事が多い

ただし、単純に続けるだけ、記事を増産するだけではアフィリエイトで稼ぐことはできません。

ユーザーのニーズに応える「質の良い記事」であることが重要です。

質の良い記事を作るためには、ユーザーの検索意図を把握し、検索意図に沿った内容で記事を書くことが大前提です。

ユーザーが抱える悩みや問題を解消し、ユーザーが満足できる記事を作成しましょう。

それが結果的に検索エンジンの評価につながり、アクセスや収益を増やすことができるのです。

ジャンル選びに失敗している

YMYLに該当するジャンル、競争率が高いジャンル、アフィリエイト案件が少ないジャンルなど、

稼ぐことが難しいジャンルを選択してしまうと、どれだけ努力を重ねてもアフィリエイトでは稼げません。

上記のポイントを参考に、しっかりとジャンル選定を行いましょう。

アフィリエイトの収益は確定申告が必要?

アフィリエイトで確定申告が必要なケースと、アフィリエイトで申告できる経費について解説します。

  1. アフィリエイトで確定申告が必要なケース
  2. 申告できるアフィリエイトの経費

アフィリエイトの確定申告については、下記の記事でもくわしく解説しています。

アフィリエイトの収入はどれくらい? 確定申告の必要はある?

  • WordPressの始め方
  • ※記載の内容は執筆時点のものであり、概要のみを記載しています。閲覧時点での正確な情報を知りたい方は、国税庁のホームページなどを確認してください。

アフィリエイトで確定申告が必要なケース

アフィリエイトで得た収入は基本的に課税対象となります。

ただし、年間の所得額によって確定申告が必要ない場合もあります。

具体的には、会社員で合計所得が年間20万円以下の場合、フリーランスや個人事業主で合計所得が年間48万円以下なら確定申告は不要です。

確定申告が必要なケースについて、以下に簡単に解説します。

副業の合計所得が年間20万円を超える会社員

会社員の方で確定申告が必要になるのは、副業の合計所得が年間20万円を超える場合です。

「所得」とは収入から必要経費を引いた金額のことで、どのようなものが必要経費にあたるのかは後ほど解説します。

また「副業の合計所得」はアフィリエイト以外の副業のものも含まれます。

アフィリエイトの所得が10万円でも、アルバイトなどのほかの副業所得と合わせて20万円を超えれば、確定申告が必要ということです。

また、副業の合計所得が年間20万円以下であっても、年収が2,000万円以上ある(年末調整がなされない)場合や、2ヶ所以上から給料をもらっている場合は、確定申告が必要になります。

合計所得が年間48万円を超えるフリーランスや個人事業主

フリーランスや個人事業主の場合、合計所得が2,400万円以下の場合、48万円が基礎控除額として引かれます。

つまり、アフィリエイトの合計所得が年間48万円以下なら確定申告での申請は不要です。

アフィリエイト以外にもアルバイトやパートなどでの所得があり、合計所得が48万円を超える場合は確定申告が必要になります。

確定申告で還付金を受け取る場合

会社員・フリーランス・個人事業主に関係なく、医療費控除・寄付金控除・住宅ローン控除など、確定申告で還付金を受け取る場合は、所得額にかかわらず申告が必要です。

申告できるアフィリエイトの経費

一般的にアフィリエイトで必要経費として認められる可能性が高いものとしては次の通りです。

通信費 レンタルサーバー契約費、ドメイン取得・維持費、インターネット接続費など
新聞図書費 アフィリエイトのために購入した書籍代など
消耗品費 画像加工ソフトやプリンター、インク、デジカメの電池など10万円以下の消耗品費など
減価償却費 10万円以上の撮影機材、パソコンなど(固定資産として分割して計上)
雑費 報酬の振込手数料やアフィリエイトに関連したセミナー、勉強会の参加費など
旅費交通費 アフィリエイトに必要な取材をするための交通費やセミナー会場への移動費、宿泊費など
水道光熱費 自宅で作業した際の電気代など

なお、自宅で作業する場合にかかった水道光熱費などの費用は、生活で使った分と重なるため、家事按分として割合を決めた上で経費として処理した方が良いこともあります。

また、上記に該当しても状況に応じ必要経費とは認められない場合もあるため、正確な情報を知りたい方は、税務署や税理士に相談することをおすすめします。

アフィリエイトで稼ぐコツ まとめ

本記事では、アフィリエイトの基礎知識や、アフィリエイトで稼ぐためのノウハウを紹介しました。

アフィリエイトで稼げるようになるには、早くても6ヶ月~1年以上の時間がかかります。

なかには数年かかってやっと稼げるようになる人もいるでしょう。

アフィリエイトの成功確率を上げるためには、まずは時間がかかることを認識したうえで、コツコツと進めていく覚悟が必要となります。

アフィリエイトで稼ぐためのコツはたくさん存在しますが、もっとも重要なのは下記の4点です。

  • ジャンル選定
  • ユーザーの問題解決ができる良質な記事
  • SEO対策
  • 正しいやり方で継続すること

アフィリエイトは、誰にでも気軽にリスクなく始めることができ、かつ大金を稼げる可能性のある、素晴らしいビジネスです。

正しいやり方で継続すれば必ず成功の兆しが見えてくるはずですので、ぜひ本記事に書いてあることを参考にアフィリエイトに取り組んでみてください。

WordPressを始めるならConoHa WINGがおすすめ!

「WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい!」

「もっと性能の良いレンタルサーバーに乗り換えたい!」

そんなあなたには、高性能・高速でお得なレンタルサーバーConoHa WINGをおすすめします。

ConoHa WINGのメリット
  • サイト表示が速い! 国内最速のレンタルサーバー
  • 初心者も安心! 簡単で使いやすい管理画面
  • 安定した稼働! 大量同時アクセスなどの高負荷にも強い
  • お得な料金設定! 687円/月~で始められる!
  • しかも初期費用が無料! さらに独自ドメインも永久無料!
  • ※2022年10月自社調べ

今なら最大47%おトク!

ConoHa WINGを 今すぐお申し込み

ConoHa WINGは日本マーケティングリサーチ機構による調査で、下記の3部門においてNo.1を獲得しています。

ConoHa WINGは3つのNo.1を獲得!
  • アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー
  • WordPress利用者満足度
  • サポートデスク対応満足度
  • ※日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2022年5月期_ブランドのイメージ調査

新規のお申し込みはこちら

Webにくわしくない初心者でもたった10分で始められるレンタルサーバー「ConoHa WING」。

とっても簡単だから今すぐ始めちゃいましょう。

今なら最大47%おトク!

ConoHa WINGを 今すぐお申し込み

また下記の記事では、ConoHa WINGを使ってWordPressを開設する方法を、画像付きでくわしく解説しています。

【WordPressの始め方】初心者でも最短10分でできる!簡単で失敗しない開設方法

  • WordPressの始め方

他社レンタルサーバーからお乗換えはこちら

他社のレンタルサーバーをご利用中で、ConoHa WINGにお乗り換えを検討されている方も安心です!

煩雑なレンタルサーバーの移行もかんたんにお乗換えいただけるよう、いくつかのサポートを用意しています。

  • WordPressかんたん移行ツール

    他社サーバーでお使いのWordPressを、ご自身でかんたんにConoHa WINGへ移行ができる無料のツールをご用意しています。

  • WordPress移行代行

    移行にかかる作業はすべて専門のプロが代行するので、待っているだけでWordPressを移行できます。

  • ConoHa WINGへの移行ガイド

    レンタルサーバーの移行作業は複雑ですが、ConoHa WINGでは移行作業の流れをわかりやすくご紹介しています。