メールサーバー&DBサーバー30日間無料!
ニュース
  • 【リリース】「Let's Encrypt」をコントロールパネル上で設定できるスタートアップスクリプトの提供開始

    ニュース

    2017/10/31 【リリース】「Let's Encrypt」をコントロールパネル上で設定できるスタートアップスクリプトの提供開始

    ConoHaでは、2017年10月31日(火)より無料SSL証明書「Let's Encrypt」を
    コントロールパネル上でかんたんに設定できるスタートアップスクリプトの提供を開始いたしました。


    ■Let's Encryptとは?
    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    Let's Encryptは無料で利用可能なドメイン認証型のSSL証明書です。

    <<特長>>
    ・証明書取得・更新が無料で利用できる
    ・ドメイン認証型で、書類などの煩雑な審査なしに迅速に導入可能
    ---------------------------------------------------------------------------------------------

    「Let's Encrypt」スタートアップスクリプトでは、コントロールパネルより
    自動でCentOSにLAMPをインストールし、Let's Encryptの証明書を設定できます。

    近年対応を求められている、Webサイトの常時SSL化をかんたんに実現できる
    「Let's Encrypt」スタートアップスクリプトを是非ご活用ください。

    また「Let's Encrypt」の他にも便利にお使いいただけるスタートアップアップスクリプトを
    本日より公開開始いたしました。あわせてご活用ください。


    スタートアップスクリプトを使ったLet's Encryptの設定方法については、こちらからご確認ください。
    スタートアップスクリプトの詳細は、こちらからご確認ください。

    今すぐお申し込み