トラフィックを制限してセキュリティ強化

APIを使うことでインバウンド/アウトバウンド双方のトラフィックに対して制限ができ、IPアドレスとポートの組み合わせでもフィルタリング可能な、高機能なセキュリティグループとして使うことができます。