【マイクラ】リソースパックの入れ方やおすすめなどを紹介!

2021.11.1

同じマインクラフトでも、導入するだけでひと味違った楽しみ方ができる「リソースパック」。

今回は「リソースパック」の導入方法からおすすめまで解説していきます。

マイクラで建築をしていて、家具や家電などの装飾は基本的に様々なブロックを使って再現している方がほとんどだと思います。

しかし、どうしても限られたブロックでは再現度が低くなってしまうような装飾もあります。

そこでおすすめなのがリソースパックの一種「テクスチャ」の変更です。

ブロックの見た目がリアルになったり可愛くなったりと、装飾の再現度を高めてくれます。

そんな無限の楽しみがある「リソースパック」の入れ方や楽しみ方、おすすめの配布パックを紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

目次

リソースパックとは?

リソースパックとは、ゲーム内のテクスチャ(ブロックのデザイン)や効果音、BGMなどを変更するパックです。

もちろん作者が存在し、配布ワールドのように自分で作ったリソースパックを配布している企業や一般の人たちなどがいます。

あわせて読みたい

【マイクラ】配布ワールドの入れ方やおすすめを徹底解説!

続きを読む

各ブロックをリアルにしたものや、ゲームの世界をモデルにしたものなど数多くのリソースパックが配布されています。

基本的にはテクスチャを重視して選ばれています。

以前は「テクスチャパック」と呼ばれていた

Ver1.6.1以前は「テクスチャパック」という名前でしたが、以降「リソースパック」に置き換わりました。

  • ブロック
  • アイテム
  • Mob
  • UI

のみでしたが、リソースパックに置き換わってからは上記に加え、

  • モデル
  • BGM
  • 効果音
  • 言語ファイル
  • クレジットロール
  • スプラッシュテキスト
  • フォント

まで変更できるようになりました。

データパックとリソースパックの違い

マインクラフトには「リソースパック」とは別に「データパック」と呼ばれるものが存在します。

どちらも通常とは違うマイクラを楽しめる要素ですが、この2つのパックには以下の違いがあります。

データパックで変更できるもの

コマンドやルートテーブル、進捗など

  • ※Java版のみ
リソースパックで変更できるもの

ブロックや効果音、BGMなど

  • ※Java版/統合版

ですので、ゲーム性を大きく変更し違った楽しみ方ができるのは「データパック」

建築のブロックをリアルにしたり、可愛いものに変更したりできるのは「リソースパック」

と覚えておくと良いでしょう。

データパックに関してはこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい

【マイクラ】データパックの使用方法とおすすめパックについて

続きを読む

MODとリソースパックの違い

よくマイクラ界隈で聞く「MOD」とこのリソースパックの違いは以下の通りです。

MOD

ファイルの改造が行われており、本来無かったものを追加したりできる。

  • ※Java版のみ
リソースパック

テクスチャやBGMなどのデータを自作したものに置き換えている。

  • ※Java版/統合版

MODに関してはこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい

【マイクラ】MODの導入方法とおすすめMODを紹介

続きを読む

リソースパックの楽しみ方

この「リソースパック」を使うとどんな楽しみ方ができるのかを紹介していきます。

リアルな世界

現実世界が忠実に再現されたテクスチャのリソースパックを使用すると、かなりリアルな世界が作れます。

ポップでドット感のあるデフォルトのマイクラでは絶対に再現できないようなものも、このようなリアルなデザインのテクスチャを使用することで再現度がぐっと上がります。

ゲームの世界

人気タイトルのゲームに登場するようなアイテムが再現されたリソースパックを使用すると、まるでそのゲームに入り込んだかのような体験ができます。

さらに自分で自由にブロックを設置できるので、自分だけのオリジナルステージが作れたりもします。

日本を基調とした風景

和風なブロックを使用して、日本ならではの景色を作ることができます。

日本家屋や竹林など、和を連想させるようなワールドは外国の人にも人気がでそうですね。

ホラーダンジョン

ホラーに特化したリソースパックを使えば、お化け屋敷やホラー脱出ゲームが作れます。

配布ワールドとして公開したり、友達を呼んでホラー体験をしてもらうこともできます。

リソースパックの入れ方

リソースパックを入れる手順を解説していきます。

  • ※以下で説明するのはJava版となります。

注意点

リソースパック導入方法の前に、いくつか注意点があります。

事前にソフトをインストールしておく必要がある

使用するリソースパックによってはあらかじめ特定のソフトやファイルをインストールしておく必要があります。

特に解像度の高いリソースパックでは軽量化MODの「OptiFine」の導入が推奨されているものが多いです。

OptiFineをインストールした時は、自分のマインクラフトのバージョンとOptiFineのバージョンの相違が無いよう注意してください。

マインクラフトランチャーの「起動構成」で、必ずプレイするバージョンを揃えておきましょう。

OptiFineの部分をクリックするとバージョンが選べますので、そこからバージョンを合わせてください。

リソースパックの対応バージョン

自分が遊びたいマイクラのバージョンと、ダウンロードしようとしているリソースパックの対応バージョンが一致していることをしっかりと確認しましょう。

軽量化MODをダウンロードする場合Javaの導入

軽量化MODの「OptiFine」を導入する時、マイクラをプレイしているPCにJavaを先に導入する必要があります。

導入済みでもJavaが最新版になっていない場合はエラーメッセージがでてしまいます。

導入、もしくはアップデートの確認をしておきましょう。

【OptiFineの導入方法】

  1. OptiFineを開き、上の「downloads」をクリックします。

  2. さらに「download」をクリックするとCMをはさみ、ダウンロードページに移行します。

  3. ダウンロードが完了したら、インストールを開始します。

    インストールが完了すれば導入成功です。

リソースパックを導入する手順

  1. 入れたいリソースパックをダウンロードします。

    • ※Zipファイルになっていますが解凍する必要はありません。
  2. ダウンロードしたリソースパックが対応しているバージョンのマイクラを開きます。

  3. 「ワールド新規作成」で「データパック」を選択します。

  4. 「リソースパックフォルダーを開く」で空のフォルダに先ほどダウンロードしたZipファイルを移動させます。

  5. 「利用可能なリソースパック」にダウンロードしたリソースパックが出てきたら、アイコンにカーソルを合わせて「▶」をクリックし「使用中のリソースパック」の方に移動させます。

    • ※「Default」のファイルは移動させずそのままにします。

    リソースパックの導入は以上で完了です。

黒と紫のブロックがでてくるのはなぜ?

テクスチャの一部が黒と紫のブロックに置き換わってしまう場合があります。

これは該当するテクスチャに充てるファイルが存在していないときに起こる現象です。

リソースパックの配布場所

リソースパックはネット上の様々なところで配布されています。

ファイル自体をパソコンにダウンロードするためセキュリティー面では十分注意しておきましょう。

以下でリソースパックが配布されているサイトを紹介していきます。

PLANET MINECRAFT

マイクラのスキンを紹介した時におすすめした「PLANET MINECRAFT」ですが、リソースパックも同じように配布しています。

このサイトは、自分で作成したリソースパックを公開できる海外のサイトです。

PLANET MINECRAFT

また、このサイトにはリソースパックの他にもスキンなどもたくさんあります。

リソースパックの配布は「Texture Packs」というジャンルのページで配布しています。

お気に入りのリソースパックが見つかったらダウンロードしてみましょう。

YouTube

YouTubeでは作者がリソースパックの内容を紹介し、概要欄で配布していたりします。

「リソースパック 配布」などで検索すると見つかることが多いです。

配布しているのは国内の人が多いため、英語が分からない人でも安心してダウンロードできるというメリットもあります。

Faithful

こちらも海外の配布サイトです。

このサイトのリソースパックを使用するときは、事前に必要なファイルをダウンロードしておく必要があります。

そこまで解像度が高くないため、スペックに不安がある人でも比較的使用しやすいリソースパックが多いのが特徴です。

CONTINUUM GRAPHICS

すごくリアルで綺麗なテクスチャを配布しています。

ただし解像度が高くスペックの高いパソコンでないと起動しない可能性があるのでご注意ください。

CONTINUUM GRAPHICS

マイクラの世界とは思えないような美しいグラフィックでリアルな世界観をたのしむことができます。

おすすめのリソースパック

おすすめのリソースパックを以下で紹介します。

素敵なテクスチャがたくさんあるので、興味が湧いたらぜひダウンロードしてみてくださいね。

ダウンロードのその前に!

パソコンのスペックに不安のある人は記事の上の方で紹介している軽量化MODの「OptiFine」の導入をおすすめします。

Candy Licious2

よく使われるような石などのブロックがピンク色になっています。

キャンディのような可愛いテクスチャが多く、フェンスもお菓子のようなデザインですごくポップなリソースパックです。

可愛いものが好きな人におすすめです。

対応バージョンはVer1.14となっていますので、ダウンロードする場合はバージョンの違いにご注意ください。

Pack&White

白黒のテクスチャが特徴的なリソースパックです。

リアルなデザインにするのとは逆に、レトロな雰囲気が楽しめます。

もともとドット絵に近いデザインのマイクラですが、カラーをあえて無くすことによってレトロ感に拍車がかかり、街並みもとても味があっておすすめです。

注意

こちらのシリーズのリソースパックを使用する場合は、前もってバージョン毎に決まったファイルをダウンロードしておく必要があります。

ダウンロードしたらリソースパックフォルダに一緒に入れておきましょう。

Sapixcraft

デフォルトのテクスチャよりも、少しアニメ感が強くなったリソースパックです。

丸石も、デフォルトと比べると丸みがかっていて可愛い雰囲気になっています。

あまりマイクラの雰囲気を変えずに、少し可愛いテクスチャを求めている方におすすめです。

ちなみにこのリソースパックはUIも若干変更されています。

リソースパックを実際に使用した感想

実際にいくつかのリソースパックを使用してマイクラを遊んでみた感想をまとめました。

新鮮な気持ちでマイクラを楽しめた

普段のマイクラとはひと味違った雰囲気で、新鮮なマイクラを楽しむことができました。

デフォルトのテクスチャに見慣れていたので、テクスチャが変わっただけで別のゲームだと錯覚するような気分になります。

特にリアルなテクスチャだと全く雰囲気も違いとても楽しかったです。

作りたいものに合わせて選べる

無数にあるリソースパックの中には、テイストが決められているものが多くあります。

その中で自分の作りたい建築物や世界観に合わせたテクスチャを選ぶことで、より完成度の高いものに仕上げることができました。

リアルな世界を作り上げたい時はリアルなテクスチャを使用し、現実世界に近い景色を作成することができます。

お化け屋敷が作りたい時はホラーテイストのリソースパックを使用すると、雰囲気もあって迫力のあるワールドになること間違いなしです。

軽量化MODをついでに導入できた

快適にマイクラを楽しむための軽量化MODですが、以前から入れようか検討していたところだったので、これを機会に導入することができました。

入れておいて損はないので、リソースパックを入れようとしている場合はぜひついでに導入してみることをおすすめします。

リソースパックについてまとめ

マインクラフトの「リソースパック」についてご紹介しました。

実際にリソースパックを使用してみるまでは「難しそう」や「知識が浅く遠い存在」のようなイメージでしたが、ファイルをダウンロードしてマイクラに反映させるだけなので簡単に楽しむことができました。

マルチプレイで友達と遊ぶ際にもリソースパックを使用すると、普段とは違った新鮮なマイクラをみんなで楽しむことができます。

  • ※マルチプレイにはマルチサーバーが必要となりますのでご注意ください。
あわせて読みたい

【マイクラ】マルチプレイができるサーバーの立て方を解説!

続きを読む

この記事を参考に自分のパソコンのスペックと相談しながら、作りたいものに合わせてリソースパックを選んで、素敵なワールドを作り上げてみてくださいね。

執筆:攻略大百科