新規のお客様対象 新規アカウント登録で700円クーポンプレゼント 9月27日まで
ニュース【お知らせ】Windows Serverのリモートデスクトップサービスにおける脆弱性に関する注意喚起

ニュース

2019/08/28 【お知らせ】Windows Serverのリモートデスクトップサービスにおける脆弱性に関する注意喚起

お客様各位

平素よりConoHaをご利用いただきましてありがとうございます。

このたび、Microsoft Windows Serverのリモートデスクトップサービスにおいて、
提供元であるMicrosoftから、緊急度の高い脆弱性が発表されております。

・CVE-2019-1181
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2019-1181

・CVE-2019-1182
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2019-1182

・Patch new wormable vulnerabilities in Remote Desktop Services (CVE-2019-1181/1182)
https://msrc-blog.microsoft.com/2019/08/13/patch-new-wormable-vulnerabilities-in-remote-desktop-services-cve-2019-1181-1182/

[対象サービス]
ConoHa for Windows Server

[対象OS]
Microsoft Windows Server 2008R2
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012R2
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows Server 2019


この脆弱性により、標的のシステムで任意のコードを実行する可能性があり、
その後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除などを行ったり、
完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成したりする可能性があると
指摘されております。

ご利用のお客様におかれましては、ご確認の上、Windows Updateを用いて
Microsoftが提供するセキュリティ更新プログラムの適用をお願いいたします。

今すぐお申し込み