概要

Webサイトの表示時間が2秒増加するだけで、離脱率が50%増加するという調査結果がございます。そこで、ConoHa WINGは、最新のCPUと高速SSDを搭載し、さらに独自にチューニングしたコンテンツキャッシュ機能やLiteSpeed LSAPIにより超高速化を実現しました。

特長

  • 超高速PHP実行環境

    お客様ごとの権限で安全かつ、従来のFastCGIより20%も速くPHPアプリケーション実行できる実行環境「LiteSpeed LSAPI」を採用しています。

  • サイト表示・動作を高速化

    ConoHa WING独自にチューニングした強力なコンテンツキャッシュ機能やブラウザキャッシュ機能で、従来のサービスより超高速なレスポンスを実現します。

  • 高性能サーバーと
    ネットワーク環境

    ConoHa WINGでは、最新の高性能サーバーを採用し、ストレージは高速・安全にデータを書き込めるピュアSSD RAID10構成。

Webサイト高速化のメリット

Webサイトの表示は遅ければ遅いほど離脱率が高まり、ページ読み込みに数秒も待てない時代、Webサイトを高速化する事により、さまざまなメリットを得られることができます。

  • コンバージョン
    率の向上

    Amazon.comが行ったA/Bテストによるとページ表示速度が0.1秒遅くなるごとに、売上が1%低下するという結果が出ています。Webサイトの高速化では、離脱率を改善し、コンバージョン率と売上を向上させることができます。

  • 検索順位に
    好影響

    検索エンジンGoogleは2018年1月にページの表示速度が順位決定に関係することを公式に発表し、Webサイトの高速化により、検索結果の順位に好影響を与えることができます。

  • 顧客満足度の
    改善

    Webサイトが高速に表示することにより、サイト訪問者にストレスをあたえることがなく、満足度やサイト内容に対する理解と信頼感を高めることができます。

  • ※サーバー処理速度の計測結果は、日本国内シェアを90%以上占めたトップ10サービスの、各サービスの最下位プランをApache Benchで5回計測した平均値です。
  • ※業界のシェアはWebhosting.infoおよびDomainToolsのデータをもとに算出しております。
  • ※本ページの掲載情報は2021年4月9日時点の情報です。