【WordPressの始め方】初心者でも最短10分でできる!簡単で失敗しない開設方法

2020.10.23

  • WordPressの始め方

WordPressの始め方、開設手順について解説します。

簡単にWebサイトを構築できるツールとして世界中のユーザーから支持を集めているWordPress。

更新のしやすさだけでなく、デザイン性の高いサイトを比較的簡単に構築できることから、ブログやアフィリエイトサイトをはじめ、企業のホームページなどにも利用されています。

本記事ではWordPressの開設手順・必要な環境・初期設定の方法から、おすすめのレンタルサーバーなどについても解説していきます。

「WordPressの存在は知っている…」「WordPressを始めたいけれど、詳しくないので不安…」といった初心者の方はもちろん、「自分1人で調べてみたけれど、挫折してしまった…」という方にもおすすめの内容です。

目次

WordPressを始める手順

まずは、WordPressを始めるにあたって必要となる基礎知識を紹介します。

WordPressのメリット・デメリットや、WordPress開設に必要なもの、WordPressの種類などを解説します。

WordPressとは?(メリットとデメリット)

WordPress(ワードプレス)はCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるWebサイトを構築・管理・更新できるシステムです。

通常Webサイトを制作する場合は、HTMLやCSSなどのマークアップ言語によるコーディングが必要となるほか、更新の際にはFTPソフトを利用してファイルの更新を行う必要があります。

WordPressは、そうした複雑なコーディングや煩雑な更新方法を必要とせず、簡単にWebサイトを構築できるのが最大のメリットです。

とはいえ、メリットだらけの万能システムというわけではありません。少なからずデメリットも存在します。

世界中で多くのユーザーが使用するシステムであるということは、裏を返せばその分、注目を集めやすくなります。

ハッカーなど悪意を持った攻撃者の格好のターゲットにもなり得るのです。

ただし、しっかりと対策をとっておけば問題ありません。

最近では、セキュリティを強化したレンタルサーバーも登場しており、WordPressを気軽に始める環境は整っていると言えるでしょう。

WordPressのメリットデメリットについて、詳しくは「WordPressとは?」の記事をご確認ください。

【WordPressとは?】簡単にWebサイトを構築できる!世界シェアNo.1のCMS

  • WordPressの始め方

WordPress.orgとWordPress.comの違い

WordPressには、「WordPress.org」と「WordPress.com」の2つの種類があります。

とても似ているため混同してしまいそうになりますが、この2つは似て非なるものです。

ソフトウェア版、無料ブログ版という決定的な違いがあります。

WordPress.com

いわゆる「無料ブログ」と呼ばれるものです。(無料プランの他にも有料プランが存在します)難しい設定を行うことなく、より気軽にブログなどのWebサイトを始めることができます。

ただし、拡張性や自由度が低いため、オリジナリティを出したり、凝ったデザインのサイトを作ることは困難と言えます。

また、無料版ではサービス側が表示する広告が表示されてしまうため、収益化にとっても不利になっています。

WordPress.org

一般的にWordPressと呼ばれているのは、この「WordPress.org」です。

CMSというシステムのひとつで、ソフトウェアとしてサーバーにインストールして使用します。

拡張性がとても高く、自由にカスタマイズすることが可能です。

SEO対策も導入しやすい作りになっており、集客・収益化にも優利と言えます。

本格的にインターネット上でブログやアフィリエイトなどのビジネス展開を考えている場合は、「WordPress.org」をおすすめします。

今回の記事では、こちらの「WordPress.org」について解説します。

WordPressを始めるために必要なもの

WordPressを始めるにあたり、必ず必要となるものがあります。

独自ドメイン」「レンタルサーバー」「テーマ」の3つです。

独自ドメイン

ドメインとはいわばサイトの住所にあたるもので、URLの中心部分です。

WordPressでWebサイトを作る際には必ず必要となります。

独自ドメインはこの世に1つだけのあなただけの資産です。

独自ドメインをもっていれば他のサイトと差別化できるとともに、中長期に渡って安心してあなただけのWebサイトを運用することができます。

レンタルサーバー

サーバーとは、簡単に言えばWebサイトの置き場所です。

自分で構築することも可能ですが、専門知識が必要であるほか、セキュリティ対策などもすべて自分自身で行わなければいけません。

レンタルサーバーであれば、トラブル対策やサポートも充実しており安心です。

個人でWordPressを利用する場合は、レンタルサーバーを契約することをおすすめします。

テーマテンプレート

「テーマ」と呼ばれるデザインテンプレート機能が自由に導入できるのがWordPressの魅力の1つです。

テーマを設定することで、一からコードを書く必要がなく簡単にWebサイトのデザイン・レイアウトを変更することができます。

テーマには有料のものと有料のものがありますが、無料でもデザイン性が高く機能に優れたWebサイトを作ることができます。

WordPressブログを始める具体的な手順

WordPressを始めるには、以下の手順で設定を進める必要があります。

  1. ステップ1
    レンタルサーバー、独自ドメインを契約する
  2. ステップ2
    ドメインを設定する
  3. ステップ3
    レンタルサーバーにWordPressをインストールしダッシュボード(管理画面)で初期設定をする

WordPressにはConoHa WINGがおすすめ

ConoHa WING(コノハウイング)は、最新の高性能サーバー・超高速SSD・高速化技術を導入した国内最速のレンタルサーバーです。

大量同時アクセスなどの高負荷にも強く、サイトのパフォーマンスに安定性を求める方にも最適です。

また、サーバー、ドメイン、テーマがパックになった「WordPressかんたんセットアップ」機能が搭載されているほか、セキュリティ対策も手厚くなっており、初心者の方でも安心して利用することができます。

ConoHa WINGのおすすめポイント

ConoHa WINGの特徴や、おすすめするポイントを紹介します。

初心者でも10分!WordPressかんたんセットアップ機能

WordPress開設のひとつひとつの作業はそこまで複雑なものではありませんが、初心者の方は時間がかかってしまうことも。

しかしConoHa WINGの「WordPressかんたんセットアップ」を使えば、10分程度で誰でも簡単にWordPressを始められます

国内最速!表示速度が速い

ConoHa WINGの一番の特徴は、サイトの表示速度がとにかく速いこと。

最新技術が惜しみなく投入されており、「国内最速」を実現しています。

  • ※サーバー処理速度の計測結果は、日本国内シェアを90%以上占めたトップ10サービスの、各サービスの最下位プランをApache Benchで5回計測した平均値です。

サイトの表示速度はSEO(検索エンジン対策)に有利なだけではなく、直帰率などのユーザビリティにも大きな影響があります。

管理画面が分かりやすく、初心者にも優しい

ConoHa WINGの管理画面は、とにかく簡単で分かりやすい作りになっています。

シンプルなインターフェースや、初心者でも直観的にあつかえる操作性が魅力です。

セキュリティ対策が手厚い

セキュリティ対策機能が標準で搭載されていることもConoHa WINGのおすすめのポイントです。

IPアクセス制限、無料独自SSL、WAF、迷惑メール対策など、セキュリティ機能が充実しています。

実際にWordPressを始める

それでは、実際にWordPressを始めてみましょう。

ここではConoHa WINGを利用したWordPressの開設手順を説明します。

レンタルサーバーを申し込む

「ConoHa WING」のトップページの中の、「今すぐお申し込み」のボタンを押下します。

新規でConoHa WINGを申し込む方は、「初めてご利用の方」の方にメールアドレスとパスワードを入力します。

次の「プラン選択」画面で、料金タイプ、契約期間、プランを選択します。

料金タイプはお得な「WINGパック」がおすすめです。

契約期間は長くなるほど割引率が高くなるので、必要に応じて選択してください。

初めてWordPressを運用する初心者であれば、プランはベーシック、またスタンダートがおすすめです。

続いて初期ドメインを入力しましょう。

ここで設定したドメインは、サイトのURLやメールアドレスのドメインとして自由に利用できます。

サーバー追加完了後に任意の独自ドメインを登録して利用することも可能です。

サーバー名は、特別な目的がない場合、設定し直す必要はありません。

WordPressかんたんセットアップを行う

プラン選択画面の下部に「WordPressかんたんセットアップ」という項目があります。

今回は「WordPressかんたんセットアップ」を使って開設を進めていきます。

通常であれば、WordPressサイトを構築するために必要な「ドメイン」「サーバー」「テーマ」のサービスごとに契約・設定を行う必要がありますが、「WordPressかんたんセットアップ」を使えば、これらをまとめて導入することができるため、大変便利です。

作成サイト名は、あなたのWordPressサイトのサイト名を入力します。あとから変更も可能です。

「WordPressかんたんセットアップ」では独自ドメインが1つ無料でプレゼントされるので、作成サイト用新規ドメインの欄に、お好みの文字列を入力・選択してください。

ユーザー名パスワードは、WordPressの管理画面にログインするために必要となります。

後ほど必要になるので忘れないように注意してください。セキュリティ面に考慮し、他人から推測されにくいものにしてください。

最後にテーマを選択します。

テーマはデザインテンプレートのようなもので、あなたのWordPressサイトのデザインやレイアウトの根幹を決めるものです。

お客様情報の登録

続いて、お客様情報の入力に進みます。

必要情報を入力してください。

本人確認

スマートフォンで本人確認を行います。

SMS認証(ショートメッセージ)か、電話認証(音声通話)を選択できます。

レンタルサーバー料金の支払い

最後に決済情報の入力を行い、入力内容を確認します。

これでレンタルサーバーの申込、独自ドメインの取得、WordPressのインストール、テーマのインストールがすべて完了しました。

WordPressの初期設定

次にWordPressに最低限必要な初期設定を行います。

お申し込み完了後、WordPressのURL、データベース情報が画面に表示されます。

この内容はとても重要ですので、必ず控えておきましょう。

特にデータベースのパスワードについては後からの確認は出来ませんのでご注意ください。

WordPressサイトにアクセスする

ログインページにアクセスし、WordPressにログインします。

ユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを入力します。

WordPress管理画面にログインする

ユーザー名とパスワードを入力すると、このような管理画面が出てきます。

これを「ダッシュボード」と言います。

記事の投稿や編集、設定を変更やプラグインの導入、デザインやレイアウトの編集など、WordPressのサイト更新に関わるほとんどの作業をこのダッシュボードを経由して行うことになります。

パーマリンクの設定

まずはパーマリンクを設定していきましょう。

パーマリンクとは、簡単に言えばそれぞれのページ(記事ページや固定ページなど)に割り振られたアドレスのことです。

ブラウザのURL表示欄に、「http://○○○/△△△/」などと表示されているのを見たことがあると思います。

この△△△の部分がそのページのパーマリンクです。

WordPressでは、このパーマリンクの表示方法を、自由に設定することができます。

「設定」を選択し、「パーマリンク設定」をクリックします。

デフォルトでは「投稿名」にチェックが入っています。

これを数字ベース(投稿した順番に自動的に数字が割り振られる)など、いくつかの方式を適用することができます。

ここで注意したいのは、日本語をなるべく使用しないことです。

WordPressのバージョン違いなどの要因で、エラーになる可能性があります。

なるべく英数字で、そのページの内容を表わすわかりやすい文字列を心がけると、トラブルがなく安心です。

テーマの設定

ダッシュボードから「外観」にカーソルを合わせると、「テーマ」という項目が表示されます。

選択すると、現在WordPressにインストールされているテーマが表示されます。

新しく追加する際は上部にある「新規追加」を押下し、ご希望のテーマを検索(またはアップロード)します。

希望のテーマが表示されたら「いますぐインストール」を押し、「有効化」を選択すれば、テーマの導入は完了です。

「WordPressかんたんセットアップ」を利用した場合は、最初からあなたの選択したテーマがインストールされているはずです。(インストールされているだけで有効化はされておらず、そのままでは初期設定のデザインが反映されています。)

選択して有効化することで、テーマが反映されます。

サイト名とキャッチフレーズ

サイトのタイトル(サイトの名前)とキャッチフレーズを設定していきましょう。

この2つを設定することで来訪者にあなたのサイトがどんなサイトであるかを伝えるとともに、検索性も向上します。

ダッシュボードの「設定」から「一般」をクリックすると、上記のような画面が出てきます。

ここから、タイトルとキャッチフレーズを設定することができます。

プラグインの導入

ダッシュボードから「プラグイン」を選択、「新規追加」を押します。

検索窓に希望のプラグイン名を入力してください。

探しているプラグインが表示されたら、「いますぐインストール」を選択し、「プラグインを有効化」を押下したらインストール完了です。

この後は必要な設定を管理画面から行います。

設定方法はプラグインによって異なるため、ここでは省略します。

Google Analyticsの設定

Google Analyticsは無料で利用できる高機能なアクセス解析ツールです。

Google Analyticsの設定には、いくつかの方法があります。

ここでは、プラグインの「All in One SEO Pack」を使用した方法をご紹介します。

まず、ダッシュボードから「プラグイン」を選択します。

検索窓に「All in One SEO Pack」と入力し、プラグインをインストールします。

インストール後、メニューに「All in One SEO Pack」が表示されるようになります。

その中から「General settings」を選択しましょう。

いくつか項目が表示されます。

「GoogleアナリティクスID」という箇所に、自身のトラッキングIDを入れます。

最後に「保存」を押せばAnalyticsの設定は完了です。

その他の設定

その他、WordPressを始める際にやっておきたい初期設定について、いくつか紹介します。

サンプル記事の削除

WordPressをインストールし、作成されたサイトを開くと、デフォルトで「Hello world!」というサンプル記事が入っています。

入れたままでも大きな問題はないのですが、検索にインデックスされてしまうことで、不利益が生じる可能性もあります。

「ゴミ箱へ移動」をクリックし、削除しておくことをおすすめします。

不要なプラグインの削除

さまざまな機能を追加できるプラグイン。

とても便利なので、気がつくとたくさん追加してしまっていることがありますが、不要なプラグインは、できるだけ削除しておくことをおすすめします。

使わないプラグインをそのままにしておくと、サイトの動作が重くなるなどの不具合が生じることも。

また、サポートが終了してしまったプラグインをそのままにしておくと、セキュリティ面で問題が生じることも考えられます。

メタ情報削除

メタ情報は、サイト管理をしやすいリンクを表示する項目です。

デフォルトでは「アーカイブ」「カテゴリー」などの項目の付近に表示されているはずです。

写真の通り、「サイト管理」「ログアウト」などの管理項目が表示されています。

サイトの管理者にとっては便利な機能ですが、訪問者もアクセスができてしまうため、セキュリティ面で危険が生じる可能性があります。

ダッシュボードの「外観」から「ウィジェット」を選択し、「サイドバー」「フッター」などに「メタ情報」の項目があれば、削除します。

  • ※テーマによっては、テーマ固有の設定項目からでないと削除できない場合があります。

よくあるトラブルと解決策

WordPressを始めるにあたり、よくあるトラブルについて解説します。

記事がないまま公開してしまう

記事が1つも存在しない状態で公開し、そのまま長期間放置してしまうと、サイトのSEO評価に悪影響が出る可能性があります。

サイトを公開する場合は、最低限1つ以上の記事を作成してから公開することをおすすめします。

仮のものですので、記事の内容は簡単で構いません。

SSL化が反映されない

インターネット通信を暗号化するSSL(https化)は、WordPressサイトを制作する上で欠かせない施策になってきています。

しかしすべて自分で設定すると、つまずいてしまうことも。

ConoHa WINGでは、無料独自SSLを提供しています。

ConoHa WINGのコントロールパネルからボタンワンクリックで簡単に設定できます。

こちらの記事にWordPressのSSL方法をくわしくまとめていますので、参考にしてみてください。

【WordPressのSSL】対応方法やSSL化すべき理由を解説

  • WordPressの使い方/カスタム

パーマリンクが文字化けする

パーマリンク設定で日本語を設定すると、環境やバージョンによっては文字化けや表示不良などのエラーが起こることがあります。

なるべく英数字で設定しましょう。

WordPressの始め方まとめ

今回の記事では、WordPressを始める際に必要な設定についてご紹介しました。

WordPressの魅力は、コーディングやプログラミングの専門知識を必要とせず、比較的簡単に本格的なWebサイト制作を始めることができることです。

耳慣れない単語が登場しますが、ひとつひとつ順を追って設定していけばそれほど難しくはありません

また、一度覚えてしまえば、複数のサイトを効率的に運用することも可能です。

「自信がない」「とにかくすぐにWordPressをはじめたい!」という場合は、初心者でも最短10分でWordPressを開設できる「WordPressかんたんセットアップ」をうまく活用してみてください。