WordPressのログイン方法とログインできない場合の解決方法!画像で徹底解説

2020.10.23

  • WordPressの使い方/カスタム

ブログやホームページなどのWebサイトを管理運用するために、世界中のたくさんの人に利用されているWordPress(ワードプレス)。

今回は、WordPressのログイン方法や、ログインできない場合の解決方法をまとめました。

画像つきで丁寧に解説しているので、WordPressのログインでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

目次

WordPressのログイン・ログアウト方法

早速、WordPressのログイン・ログアウト方法を見ていきましょう。

1.WordPressのログイン方法

まずはWordPressのログイン方法からです。

URLを直接入力してログインします。2ステップで簡単にログインできます。

WordPressのログインURLは、以下2つが主に利用されています。

  • http://〇〇〇〇(設定したドメイン名)/wp-login.php
  • http://〇〇〇〇(設定したドメイン名)/wp-admin

まず、上記どちらかのURLを検索バーに入力し、エンターキーを押します。

ログイン画面に移行しました。

次に、WordPressを作成した時に登録したユーザー名(またはメールアドレス)と、開設の際に設定したパスワードを入力し、ログインをクリックします。

下の画像のようにダッシュボードに画面が切り替わったらログインは成功です。

2.WordPressのログアウト方法

WordPressからログアウトしたい時は、管理画面右上の「こんにちは、(ユーザー名)さん」をクリックします。

メニュー画面が開くので、一番下にある「ログアウト」をクリックします。

ログイン画面と似た画面に切り替わります。

WordPressのマークの下に「ログアウトしました。」の文字があれば、ログアウト完了です。

WordPressにログインできない時の解決方法

WordPressにログインできない場合には、いくつか原因が考えられます。

よくある事例と解決方法を順に見ていきましょう。

1.ユーザーID、パスワードがわからない

ユーザーIDやパスワードを忘れてしまった場合、ログイン画面の「パスワードをお忘れですか ?」をクリックします。

ユーザー名または登録したメールアドレスを入力し「新しいパスワードを取得」をクリックします。

以下のような画面に切り替わるので、登録したメールアドレスの受信ボックスにメールが来ているかを確認しましょう。

メールにあるURLをクリックします。

パスワードを入力して「パスワードをリセット」をクリックします。

パスワードのリセットが正常に終了したら、このような画面が表示されるので「ログイン」を押しましょう。

改めて登録したユーザー名(またはメールアドレス)と、

登録したパスワードを入力すればWordPressに入れます。

メールが届かない場合は?

パスワードの初期化にはメールアドレスの入力が必須です。

WordPressの初期設定時に登録したメールアドレスがわからない場合や、メールが届かない場合は利用しているレンタルサーバーの管理画面から、phpMyAdminにログインして、メールアドレスを確認することができます。

phpMyAdminのログイン方法はそれぞれレンタルサーバー会社によって少し変わってきますが、大まかには以下の手順でログインが可能です。

  1. ステップ1
    レンタルサーバーの管理画面にログインし、phpMyAdminを開く
  2. ステップ2
    ログインIDとパスワードとを入力

phpMyAdminのIDとパスワードは、WordPressの「wp-config.php」というファイルに記述されています。

サーバーのファイルマネージャ機能やFTPクライアントソフトでwp-config.phpを確認して次の部分を探してください。

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘(ユーザー名)‘);
/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘(パスワード)‘);

phpMyAdminにログインすると下画像の画面が開きます。

「データベース」→「データベースのユーザー名(上記で入力したユーザー名)」→「wp_users」でメールアドレスの確認ができます。

サイトの引き継ぎなどで利用していないメールアドレスが登録されている場合、こちらから登録メールアドレスを変更することもできます。

表示されたメールアドレスをダブルクリックして新しいメールアドレスを入力するだけで変更が可能です。

2.ログインURLが分からない

WordPressのログインURLが分からなくなってしまった場合、まずはWordPressのログイン方法で紹介したURLを入力してみましょう。

  • http://〇〇〇〇(設定したドメイン名)/wp-login.php
  • http://〇〇〇〇(設定したドメイン名)/wp-admin

もしこの方法でアクセスできなかった場合、WordPressをインストールした時に/wp/などのサブディレクトリを作成、利用しているかもしれません。

サブディレクトリとは、サイト内を1つのフォルダにたとえた時、下の階層にある子フォルダのようなものです。

「URL変更していないのにおかしいな」という方は、

http://〇〇〇〇(設定したドメイン名)/wp/wp-login.php

を使ってみましょう。

もう1つの方法として、「サーバー管理画面」から確認もできます。

まず、サーバーの管理画面を開きましょう。

①サイト管理 → ②サイト設定 → ③アプリケーションインストール → ④ログインしたいサイトのURL、の順に進みます。

管理画面のURL」が表示されるので、ここからログイン可能です。

【応用編】ログイン画面のセキュリティを強化する方法

ここまでWordPressのログイン方法についてお伝えしましたが、初期状態だと悪意ある第三者からの攻撃を防ぐことができません。

そこでプラグインを用いたWordPressのセキュリティ強化方法についてお伝えします。

一見難しいようですが、2ステップで簡単に強化することができます。

利用するプラグインは「SiteGuard WP Plugin」です。

このプラグインを管理画面からインストールしてください。

次に、プラグイン画面から「有効化」を選択します。

有効化すると、「ログインURLが変更されました」というポップが出てきます。

新しいログインページURL」をクリックしましょう。

ログインURLが変更され「画像認証」が追加されました。

以上で終了です。

クリックするだけで簡単にセキュリティを強化できるため、

まだ入れていない方は検討してみてください。

WordPressのセキュリティ対策については、下記の記事にもくわしく解説しています。

あわせてご確認ください。

【WordPressのセキュリティ対策】初心者でも簡単にできる方法を徹底解説

  • WordPressの使い方/カスタム

WordPressのログイン方法とトラブル解決方法 まとめ

今回は、WordPressのログイン方法や、ログインできなかった時の対処法について説明しました。

ログインURLやユーザー名、パスワードを忘れると焦ってしまうこともあると思いますが、

  • URLを忘れた場合 → サーバーの管理画面にある
  • ユーザー名やパスワードを忘れた → 登録メールアドレスで再発行可能

の2点を押さえておけば大丈夫です。

また、ログインURLを変更する、ログイン画面に「画像認証」を取り入れるなど、

セキュリティを強化するのもいいでしょう。

「ログイン」はブログなどを書く時の必須の作業です。

ログインに関して困っていることがあれば、この記事の対処法をぜひ試してみてください。