WordPressのおすすめ無料テーマ5選!有料テーマとの違いも解説

2021.2.9

  • WordPressテーマ

WordPressでホームページやブログなどを運用する上で、デザインやレイアウトを決定するとても重要な要素である「テーマ」

テーマをインストールし有効化することによって、誰でも簡単におしゃれでユーザビリティの高いサイトを作ることができます。

しかし、WordPressには有料・無料を含め多数のテーマが存在するため、どのテーマを選んだらいいのかわからない方も少なくないでしょう。

そこで本記事では、初心者におすすめする無料のWordPressテーマ5選を紹介します。

「とりあえず無料テーマで始めたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

目次

WordPressのおすすめ無料テーマ5選

WordPressのテーマは、有料のもののほうが質が高いのではないかと考えがちですが、実は無料でも使いやすくデザイン性の高いテーマは数多く存在します。

今回は、機能面・デザイン面・SEO面などで優れている無料テーマを5つ厳選して紹介いたします。

無料とは思えないバランス型高機能テーマ「Cocoon」

WordPressの無料テーマ「Cocoon(コクーン)」

初心者の方にまずおすすめしたい無料テーマは「Cocoon(コクーン)」です。

  • カスタマイズの自由度が高い
  • デザイン性も高くおしゃれ
  • 豊富なスキンからデザインを選べる
  • 初心者にも使いやすい

「Cocoon」は無料であるにも関わらずとてもカスタマイズ性に優れたテーマで、さまざまな設定を柔軟に変更することができます。

初心者でもあつかいやすい操作性で、シンプルでお洒落なデザイン性も兼ね備えています。

豊富な「スキン」で、お好みのデザインを自由に選べる点も魅力です。

無料テーマの中でも特におすすめのテーマなので、WordPressを運営する際にはぜひ候補に入れておきましょう。

Webマーケティングを熟知したバズ部が開発「Xeory」

WordPressの無料テーマ「Xeory(セオリー)」

Xeory(セオリー)」はWebマーケティング情報を発信している「バズ部」が開発した無料のWordPressテーマです。

  • Webマーケティングに強い「バズ部」が開発
  • ブログ型テーマとサイト型テーマの2種類がある
  • SNSとの連携も簡単にできる

SEOの内部対策もしっかり施されており、とても優秀なテーマであると言えます。

SNSのシェアボタン表示をON/OFFにできる機能がデフォルトで実装されており、SNS連携を簡単におこなうことができます。

また、サイト型テーマ「Xeory Extension」とブログ型テーマ「Xeory Base」の2種類で展開されているのが特徴。

サービス紹介や会社概要などのコンテンツの設置も簡単なので、企業のホームページ作成にも適していると言えるでしょう。

ブログでも企業サイトでも使いやすいので、toB向けのビジネスをしている方にもおすすめです。

デザイン性の高さが魅力「LION MEDIA / LION BLOG」

WordPressの無料テーマ「LION MEDIA」「LION BLOG」

LION MEDIA / LION BLOG」はWeb制作会社のFITが開発した無料のWordPressテーマです。

FITは有料テーマ「THE THOR」の開発元でもあります。

  • Web制作会社である「FIT」が開発
  • デザイン性に優れている
  • ブログ向けテーマと企業向けテーマの2種類がある

個人ブログ向けの「LION BLOG」と、企業メディア向けの「LION MEDIA」がありますが、機能に大きな差はありません。

ビジュアルの美しさが一番の特徴で、有料テーマ並みのデザイン性が魅力です。

文章装飾がデフォルトで搭載されているなど機能も豊富で、初心者でもリッチなコンテンツを作ることができます。

スタイリッシュ&拡張性に優れた「Lightning」

WordPressの無料テーマ「Lightning(ライトニング)」

Lightning(ライトニング)」は洗練されたシンプルなデザインが魅力の無料WordPressテーマです。

  • シンプルで洗練されたデザイン
  • 多機能統合型プラグインで拡張性も抜群
  • 5種類のデザインスキンでビジュアル面も強化

開発元の株式会社ベクトルはWordPressテーマやプラグインなどを多数手がけており、機能性の高さは折り紙つき。

また多機能統合型プラグインによって、テーマファイルをシンプルに保ったまま、多用なカスタマイズがおこなえる点も魅力です。

多機能なのに高速な無料テーマ「Luxeritas」

WordPressの無料テーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」

Luxeritas(ルクセリタス)」は多機能かつ高速化を重視した無料WordPressテーマです。

  • SEO最適化、レスポンシブ対応、高いカスタマイズ性
  • サイトの表示速度が速い
  • 豊富なデザインファイルで簡単に外観を変更

Webページの閲覧を快適にするため、サイト表示高速化の仕組みが多数搭載されています。

開発元の検証では、PageSpeed Insightsで100に近いスコアを出すことができています。

また、WordPress初心者でも簡単にデザインを変更できるように、デザインファイルが事前に用意されています。

無料テーマと有料テーマの3つの違い

WordPressのテーマには、無料テーマと有料テーマの2種類が存在します。

では無料テーマと有料テーマにはどんな違いがあるのでしょうか?

コスト面

無料テーマは無料で利用することができるため、予算が無い方でも利用しやすいのが最大のメリットです。

一方で、有料テーマの料金は10,000円~20,000円前後が相場です。

有料テーマはお金がかかりますが、その分サポート面や更新面が充実していることが多く、機能やデザインでも優れているのがメリット。

無料テーマの中には無料とは思えないほど高機能なテーマも存在しますが、多くの無料テーマは運用するなかで物足りなさを感じることも多いです。

「機能のことはよくわからない」「なるべくお金をかけたくない」という初心者の方はまずは無料テーマから始めてみて、よりWordPressを充実させたくなったら、有料テーマに変更するというのも手です。

デザイン・カスタマイズ面

デザインやカスタマイズ性の面で優れていることが多いのが有料テーマの特徴です。

もちろん無料のテーマであってもカスタマイズ性やデザイン性に優れているものはありますが、有料のテーマでは初めからデザインや機能が充実しており、さらにどんどん新しい機能が追加・更新されていくものも多いので、WordPressのヘビーユーザーには嬉しいですよね。

なので、WordPressで収益を得たい、副業やビジネスをおこないという方は、後々のことも考えて有料テーマを検討するのがよいでしょう。

また、機能の制限を気にせずにどんどんWordPressをカスタマイズしていきたい方にも、有料テーマはおすすめです。

更新・サポート面

更新性の高さやサポートの充実という面でも、有料テーマのほうが優れているケースが多いです。

たとえばWordPressでは投稿エディターが過渡期をむかえており、旧エディターから新しいGutenberg(グーテンベルク)エディターに変更する必要性を迫られています。

しかし現状では旧エディターを使い続けている人が多く、新エディタ―に対応していないテーマも存在します。

とくに無料のテーマは新エディターに対応していないものも多く、古い状態のまま放置されていることもあります。

一方、有料テーマでは「SWELL」や「Snow Monkey」など、最新のGutenbergに完全対応しているものが開発されており、技術対応に差がついているのも事実です。

長期的な視野でWordPressサイトを運用していくのであれば、更新性が高くサポートも手厚い有料テーマを選んだほうが無難だと言えるでしょう。

WordPressテーマを選ぶ際のポイント

WordPressのテーマを途中で変更するのは作業面でも大変ですし、検索順位やアクセスが下がるリスクも否定できません。

なのでWordPressのテーマ選びはとても重要ですし、失敗したくありませんよね。

ここでは、WordPressのテーマを選ぶ際に注意すべき4つのポイントを紹介します。

マニュアルやサポートがあるか

マニュアルやサポートが充実していないテーマは、あまりおすすめできません。

なぜなら、万が一トラブルが発生した際に解決が難しいからです。

  • デザインをカスタマイズしようとしたらページが真っ白に
  • ここの色を変えるにはどうしたらいいの?
  • WordPressをバージョンアップしたらデザインが崩れた
  • このプラグインを入れたらエラーが発生した

などなど、WordPressのカスタマイズや機能拡張には不具合がつきものです。

そんな時にサポートがなかったりマニュアルがなかったら、困ってしまいますよね。

WordPressテーマを選ぶ際には、マニュアルやサポートがどのくらい充実しているのかをしっかり確認しておきましょう。

レスポンシブ対応しているか

レスポンシブ対応とは、パソコン・スマートフォン・タブレットなど画面サイズの異なるデバイス間でも、サイト表示を柔軟に調整して最適な表示をおこなう機能を指します。

2021年現在のWordPressテーマでレスポンシブ対応していないものはそう多くはありませんが、中にはまだ対応していないテーマもあるので注意が必要です。

今回紹介した5つの無料テーマはすべてレスポンシブ対応しているのでご安心ください。

ブロックエディター(Gutenberg)に対応しているか

WordPressの最新エディター「ブロックエディター(Gutenberg)」に対応しているテーマかどうかは、今後サイトを運用していく上でとても重要な視点です。

旧エディターは近い将来サポートが終了する可能性もあるので、新エディターに対応していないと困ったことになってしまいます。

いざサポートが終了した時に慌てないように、最新のエディターに対応しているテーマを選ぶようにしましょう。

SEO面で適切な構造になっているか

メジャーなWordPressテーマでは、ほとんどがSEOを意識した作りになっていますが、中にはSEO的に適切ではない構造のテーマも存在します。

SEO面でチェックすべき項目には以下のようなものがあります。

  • ページ表示の高速化に対応している
  • レスポンシブに対応している
  • タイトルタグ・見出しタグを適切に記述できる
  • メタディスクリプションを設定できる
  • パンくずリストが正しく表示される

上記は最低限のものではありますが、できるだけSEO機能が充実しているテーマを選ぶことで、ユーザーにとって使いやすく、SEOでも評価されやすいサイトを作ることができます。

WordPressのおすすめ無料テーマ まとめ

本記事では、初心者にもおすすめのWordPressの無料テーマ5選を紹介しました。

WordPressのテーマは、サイトの印象やユーザビリティを大きく左右する大切な要素です。

また、今後長くサイト運用をおこなっていくのであれば、操作性や拡張性(カスタマイズ性)もとても重要ですよね。

SEO機能や表示高速化機能は、アクセスや収益に直接的な影響をあたえる要素です。

納得がいくまでとことん検討し、良いWordPressテーマを選ぶようにしましょう。

無料テーマの中にも、有料テーマ以上に優秀なテーマも存在しますので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

WordPressを始めるならConoHa WINGがおすすめ!

「WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい!」

「もっと性能の良いレンタルサーバーに乗り換えたい!」

そんなあなたには、高性能・高速でお得なレンタルサーバーConoHa WINGをおすすめします。

ConoHa WINGのメリット
  • サイト表示が速い! 国内最速のレンタルサーバー
  • 初心者も安心! 簡単で使いやすい管理画面
  • 安定した稼働! 大量同時アクセスなどの高負荷にも強い
  • お得な料金設定! 760円/月~で始められる!
  • しかも初期費用が無料! さらに独自ドメインも永久無料!
  • ※2020年3月自社調べ

今なら最大36%おトク!

ConoHa WINGを 今すぐお申し込み

ConoHa WINGは日本マーケティングリサーチ機構による調査で、下記の3部門においてNo.1を獲得しています。

ConoHa WINGは3つのNo.1を獲得!
  • アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー
  • WordPress利用者満足度
  • サポートデスク対応満足度
  • ※日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2021年2月期_ブランドのイメージ調査

新規のお申し込みはこちら

Webにくわしくない初心者でもたった10分で始められるレンタルサーバー「ConoHa WING」。

とっても簡単だから今すぐ始めちゃいましょう。

今なら最大36%おトク!

ConoHa WINGを 今すぐお申し込み

また下記の記事では、ConoHa WINGを使ってWordPressを開設する方法を、画像付きでくわしく解説しています。

【WordPressの始め方】初心者でも最短10分でできる!簡単で失敗しない開設方法

  • WordPressの始め方

他社レンタルサーバーからお乗換えはこちら

他社のレンタルサーバーをご利用中で、ConoHa WINGにお乗り換えを検討されている方も安心です!

煩雑なレンタルサーバーの移行もかんたんにお乗換えいただけるよう、いくつかのサポートを用意しています。

  • WordPressかんたん移行ツール

    他社サーバーでお使いのWordPressを、ご自身でかんたんにConoHa WINGへ移行ができる無料のツールをご用意しています。

  • WordPress移行代行

    移行にかかる作業はすべて専門のプロが代行するので、待っているだけでWordPressを移行できます。

  • ConoHa WINGへの移行ガイド

    レンタルサーバーの移行作業は複雑ですが、ConoHa WINGでは移行作業の流れをわかりやすくご紹介しています。